Viva La Trip 〜世界を旅しよう〜

国内外問わず旅行についての様々な情報を提供します。筆者は、現在社会人3年目となり、大学生時代には世界35カ国を旅してきました。現在では、アジアを中心に週末を利用して旅行をしています。是非活用してください!

【コラム】海外でしか買えないMassimo Duttiを韓国ソウルでショッピング!

f:id:kentarosu:20180816235529j:image

さて、今回もコラムの投稿です。

今回は、海外でしか買うことのできないZARAのアッパーブランド「Massimo Dutti(マッシモ・ドゥッティ)」をみんなが大好きな「韓国ソウル」で手に入れよう!という記事になります。

こんな記事を書きながらも、Massimo Duttiって何??となっている人がいることはわかっています。おそらく知らない人のほうが多いかと思います。

なぜなら日本に売っていないからです。日本未発売のブランドなんです。それも、海外では中国、台湾、香港、欧米などほとんどの国では発売されているにも関わらずです。筆者も理由はわかりませんが、とにかく一番近場で購入できるのが韓国なのです。

ちなみに筆者は何年も前からMassimo Duttiの品質とデザイン性の高さを知っていて、本社があるスペインでも購入してきたくらいです。それくらい筆者は好きなブランドで、それゆえおすすめできるのです。

本場スペインで購入すると他国で購入するよりも半額近い値段で手に入れることができますが、スペインまで行く時間もお金もないのが普通だと思います。そうなると旅行のついでに買ってくることになると思います。スペイン以外でしたら韓国でも台湾でもどこで買っても値段は変わりません。

 

Massimo Dutti

筆者がMassimo Duttiで購入した商品は何点もありますが、その一部をご紹介してみたいと思います。この記事を見てMassimo Duttiって結構かっこいいじゃん!かわいいじゃん!と思っていただけたら嬉しいな、という気持ちで書いています。

f:id:kentarosu:20180816234412j:image

 

おしゃれで上品な革靴

なんとも言えない品の高さを感じる逸品。

あまり明るすぎないのに品のある茶色の革靴は滅多に見ないので、即決しました。かっこよすぎて履くのがもったいないくらいです。

、、、写真を載せようと思ったらありませんでした。。ごめんなさい。。

 

こちらもお上品な長財布

素晴らしいですね。こんなデザイン性に優れて洗練された財布なのにお上品さも兼ね備えているなんて。革靴にしろ財布にしろ、品の高さを感じます。

f:id:kentarosu:20180816234752j:image

他にもシャツやTシャツなどを購入しましたが、どれもおしゃれです。

対象の年齢層は20代後半から50代までくらいを想定しているのか、大学生などには少し敷居が高く感じる店内と価格になっています。

ただ、そこまで高くないのでおしゃれはしたいけどある程度高級感も欲しいといった人におすすめです。

 

おしゃれなお店

お店の外観ですが、黒を基調とした落ち着いた雰囲気を感じます。

大人をターゲットにしているからか、高級感も感じます。

f:id:kentarosu:20180816234359j:image

 

韓国ソウルのお店は
”カロスキル”にある

韓国ソウルにある店舗は、日本でいう表参道「カロスキル」にあります。芸能人などの著名人も訪れるという、韓国では言わずと知れたおしゃれスポットです。

f:id:kentarosu:20180816234417j:image

カフェやショッピング、カンジャンケジャンなどのグルメまで楽しめる街です。

カンジャンケジャンについては別の記事でもご紹介していますので、ぜひご覧ください!

www.vivalatrip.info

 

Massimo Duttiの前にはいつ行っても日産のフィガロが置いてあります。なぜか路上駐車ですが。。

f:id:kentarosu:20180816234409j:image
f:id:kentarosu:20180816234555j:imagef:id:kentarosu:20180816234552j:image
f:id:kentarosu:20180816234403j:image
f:id:kentarosu:20180816234406j:image

こんな感じで色も変わったり、中にラインのマスコットがいたりと珍しがってみんなが写真を撮るスポットにもなっているんだとか。

 

ぜひみなさんも韓国ソウルへ行ったときにはカロスキルの「Massimo Dutti」へ行ってみてください!

【コラム】行ってみたらこんなところだった!花の都パリ

f:id:kentarosu:20180810235745j:image

誰もが人生で一度は行ってみたい花の都パリ。

これからパリに行こうと思ってる人もその予定がない人も、読んで損はないと思います。

筆者自身も初めてパリに訪れました。パリ行くとなると肩に力が入ってしまいそうですね。何を着て行こう!レストランでのテーブルマナーも身につけなきゃ!フランス語は少しは話せた方がかっこいいかな?などなど、普通の人は色々と思い巡らすことでしょう。

もちろん筆者もそのひとりであったわけです。

 

でも、そもそもそんなに肩に力入れて旅行に行くなんておかしいですよね。

旅行とはそもそもリフレッシュしに行くのも目的のひとつのはずですから。

 

ということで、パリに行ってみたらこんなところだった!という馴染みやすいテーマで記事を書いてみました。

 

行ってみたらこんなところだった!花の都パリ

さて、早速フランクな感じのタイトルです。

服装がどうのこうの、テーブルマナーがどうのこうの、と気になりますよね?と書いてきましたが、実のところ筆者はふつーの服装で行きました。

それもそのはず、バックパッカー旅行で行きましたので、そんなに荷物もありませんし、着替えもありません。

実際少し不安もありましたが、行ってみるとバックパッカー結構いるじゃん!服装だって全然普通じゃん!高いのは物価だけじゃん、、と感じました。

恥ずかしながらバックパックは背負ってないにしても、みすぼらしい格好でクリスティアン・ディオールの本店に行ってみたり、ルーブル美術館に行ってみたりしました。

みすぼらしいと言いつつも冬だったので上着のおかげでそれなり?に見えたと思いますが。笑

 

それはさておき、、

なんと言ってもザ・パリ!というのは有名なシャンゼリゼ通りですね。

オ〜シャンゼリ〜ゼ〜の曲で有名ですね。

シャンゼリゼ通りは凱旋門からルーブル美術館方面のコンコルド広場までの一本通りをいいます。

通りの名前からしてかっこいいですね。。

逆に外国では表参道とかの響きがかっこいいかもしれませんが。

f:id:kentarosu:20180811000752j:image

iPhoneで歩きながら撮った写真も絵になりますね。。

 

この写真こそザ・パリ!ですね。

しかし、これはパリの一部でしかありません。

もちろんエッフェル塔の付近やノートルダム大聖堂の付近は皆さんが想像するパリの街並みです。

 

少し話は変わりますが、空路でパリに入る場合はシャルル・ド・ゴール国際空港から入国することになりますが陸路だとパリ北駅が主流となります。

筆者はイタリアのローマからシャルル・ド・ゴール空港まで飛んで、出るときはパリ北駅からタリスという高速鉄道でベルギーまで行きました。

その時に利用したパリ北駅も綺麗な雰囲気が漂っています。

f:id:kentarosu:20180811001933j:image

 

筆者はこのパリ北駅から歩いて行ける距離、いや、少し頑張って歩いて行ける距離にあるバルベス・ロシュシュアール駅の近くにあるBERVICというホテルに宿泊しました。

どの辺かと言うと、ピカソなども住んでいたモンマルトルの丘の近くです。

この一帯は坂が多く、少し治安も悪そうな印象でした。

さて、この辺りからパリの闇が垣間見えてくるような気がしますね。

エアーの到着が夜だったこともあり、このホテルに着く頃にはもう21時近かったです。

バルベス・ロシュシュアール駅までの道のりもビクビクしていました。

f:id:kentarosu:20180811005156j:image

ゴミが散乱していたり、ゴミ箱?が倒れていたり。。
f:id:kentarosu:20180811005225j:image
f:id:kentarosu:20180811005201j:image

車のガラスが割れていたり、廃墟?があったり。。
f:id:kentarosu:20180811005138j:image

想像するパリには到底見えませんが、これもパリの一部です。

このように、パリには様々な側面がありますし、少し闇?もあります。それが面白いところですし、実際に行った楽しさになるわけです。

f:id:kentarosu:20180811005104j:image

 

こちらはモンマルトルの辺りからパリ北駅に向かう道のりです。
f:id:kentarosu:20180811005151j:image

上には鉄道が走っており、その下に道があり、最短距離で歩くことができます。

高架の下ともなると、少しパリ感が喪失します。
f:id:kentarosu:20180811005222j:image
f:id:kentarosu:20180811005147j:image

こんな感じで市場見たいになっているところもあり、パリの中でも庶民的な一面を垣間見ることができます。
f:id:kentarosu:20180811005142j:image

もちろん皆さんが想像するパリについても他の記事でご紹介したいと思います。

こういう庶民的、スラム的?なところにもパリの魅力を感じることができれば、旅の通になれるのではないでしょうか。

 

【タイ・バンコク】若者に大人気のスイーツ店マンゴータンゴ!

f:id:kentarosu:20180809220037j:image

今回はタイで人気のスイーツをご紹介します!

皆さんタイで有名なフルーツといえば何が思い浮かぶでしょうか?

 

そう、南国・タイで人気のフルーツといえばマンゴーです。

タイに旅行に行くとなれば、マンゴーを食べずに帰ってくる人の方が少ないのではないでしょうか。

 

そこで!タイの首都バンコクで人気のマンゴースイーツ店・マンゴータンゴをご紹介したいと思います!

 

 

 

MangoTango(マンゴータンゴ)

タイ・バンコクに行ったら絶対に行くべきお店は、マンゴータンゴ(MangoTango)というお店です!

もしかしたら聞いたことがある人もいるかもしれません。結構有名なお店です。

その名の通り、マンゴーを使った何種類ものスイーツが売りのお店になります。

いつも並んでいるので、残念ながら筆者はテイクアウトをしました。

 

MangoTangoのメニュー

さて、早速メニューを見てみましょう。

まずは何と言っても王道「MangoTango(マンゴータンゴ)」!

お店の名前にもなっています。それゆえそれが何なのかわかりにくい、いや、わからないですね!

ということで、写真で見てみましょう。

(ごめんなさい、これは食べてないので写真がありませんでした。。)

それに負けじと人気なのが「マンゴースムージー」です!

f:id:kentarosu:20180809220107j:image

こちらはテイクアウトもできるメニューで、行列ができているときはこのマンゴースムージーを頼むのがベストだと思います。

おしゃれな店内で食べてみたい!という人は気長に待ちましょう。

 

おしゃれな店内

f:id:kentarosu:20180809220156j:image

もちろんマンゴーのスイーツが人気の秘訣ですが、店内がおしゃれでインスタ映えする!というのも秘訣になっています。

スターバックスなど、その空間にお金を払っている、という人もいるみたいですが、マンゴータンゴではここでしか食べられないスイーツとおしゃれな店内の両方が楽しめます。

筆者も待ち時間に写真を撮りまくってました!

f:id:kentarosu:20180809220211j:image

f:id:kentarosu:20180809220217j:image

 

MangoTangoの場所

さて、こんな大人気のマンゴータンゴですが、どこにあるのでしょうか?

答えはサイアム・スクエアです。

f:id:kentarosu:20180809220256j:image

まだタイに行ったことがない!まだタイについて調べてない!という人は、サイアム・スクエアってどこ?と思うことでしょう。

もしかして、わざわざ繁華街から離れた遠くまで行かないと食べれない!?

そんなことありません!安心してください!サイアム・スクエアとは、老若男女問わず楽しめるタイ・バンコクの最大級の繁華街です。

ファストファッションからハイブランドまで、幅広い価格帯のショッピングモールが集中しており、グルメも集まっています。

タイに行ったら絶対に行くであろうサイアム・スクエアに訪れたら、マンゴータンゴで一休みしましょう。

 

さいごに

今回ご紹介したマンゴータンゴは大変人気のお店ですので、他にも多くの記事があると思います。ぜひ色々なサイトで情報を仕入れて、最高のタイ旅行にしていただければと思っています。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

【長野・諏訪 】2018年おすすめの大人の厳選高級旅館 ~翠 sui-諏訪湖~

f:id:kentarosu:20180317211046j:plain

お久しぶりです。

昨年の10月ぶりの更新になります。

みなさん見ていただきありがとうございます!

更新できていなかった約5ヵ月の間にも、「歩くるるぶ」と呼ばれる筆者は様々な観光地を訪れてきました!

 

その中でも先月(今年の)2月に行った諏訪湖の畔にある大人の高級宿「翠-sui-」をご紹介したいと思います。

 

 

 

上諏訪温泉 寛ぎの諏訪の湯宿「翠 sui-諏訪湖」とは??

 f:id:kentarosu:20180317234708j:image

「上諏訪温泉」とはどこにあるのか。

まずはここからだと思います。

上諏訪温泉は、日本のヘソ信州長野県の「諏訪湖」の畔にある温泉地帯を指します。

この地域は湯量が豊富で掘れば温泉が出ると言われるほど温泉が湧いています。

諏訪湖周辺の地域の住民の方々のほとんどが自宅に温泉を引いていると言われるほどです。

また、おととしには世界中で大ヒットを記録したアニメ映画「君の名は。」のモデルとなったと言われる立石公園から見る「諏訪湖」の景色も見ることができる地域となっています。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、筆者がおすすめする大人の高級宿「翠-sui-」とはどのような旅館なのでしょうか。

 

①全客室が諏訪湖を一望できる露天風呂付

この宿の理念として、お客様に日常の喧騒から離れ、大切な人と集い過ごすとき、穏やかな寛ぎの時を過ごしてほしいという思いがあります。

全客室に諏訪湖を展望できる露天風呂を付けることで、部屋から出ずに寛ぎの時間を過ごすことができるので、ぜひ贅沢なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

②なんと客室は全部で8つ

f:id:kentarosu:20180317234816j:image

そう、この宿には客室が全部で8つしかないのです。

そして客室タイプは大きく2つあり、スタンダードタイプとワイドタイプの 2種類になります。

筆者はスタンダードタイプに宿泊しましたが、客室数が少ないのでその分スタンダードでも十分に広かったです。

そして、部屋のレイアウト、床の素材、家具、寝具、アメニティなど、すべてにおいて細部までこだわりを感じる造りになっていました。

 

③こだわりが溢れる家具・寝具・設備

 

 家具や寝具など、細部に渡ってこだわりがあると聞いて、どんなものを想像するでしょうか。

その前にまずは床の素材について触れたいと思います。

畳と木の2種類に分かれており、ベッドが設置されている部分は木の素材になっています。木製の家具類については、そのすべてにおいて「飛騨家具 柏木工製品」が使われています。飛騨家具と言うと日本人のみならず世界各国から買い付けに来るほど高品質な家具として有名です。

さて、家具はわかったけど気になる寝具は?

寝具については、世界の高級ホテルで採用されている「シモンズ」のベッド、「心斎橋西川」まくら2種類などと、温泉のみならず寝るときにもできる限り寛いでもらえるよう配慮されているのがわかります。その他、下の表に示してありますが、館内着やパジャマにまでこだわっています。

f:id:kentarosu:20180317235054j:image

 

④食事は部屋ごとに決められた個室料亭で

 

旅館に泊まるとなると気になるのは「食事」ですね。

部屋良し、温泉良し、家具や寝具もよし、となると食事ももちろん良し!ですね。

地場の旨味、和の旨味で寛ぎの食事時間を過ごすことができます。

そしてなんと言っても「朝食」「夕食」共に個室料亭で寛ぎながら食事を摂ることができるのが大きなポイントです。

「個室料亭」!?と思った方もいらっしゃると思います。筆者もその一人でした。

客室1室1室にそれぞれの個室料亭が用意されています。

食事会場が全室個室になっているわけではありません。

まるでもう一つの客室のように、完全に1つの個室になっています。

 

これで本当に寛ぎのひと時を味わえることがわかっていただけたと思います。

テレビもソファーもついているんです。この部屋に1品1品係りの方がコース料理のように運んでくれます。

筆者もさすがにこんなのは初めての経験でした。とは言ってもまだ弱冠25歳ですので

、まだまだ筆者には早すぎたかもしれません。

 

料理の内容ですが、旬ごとにメニューが変わりまして、今回は以下のようなメニューでした。

食器も1つ1つこだわって選んだものになっていて、感動しました。

 

食べきれなかった炊き込みご飯はおにぎりにしてくれて、夜食にすることができましたし、箸を持つ手が左効きでしたがそれを見たスタッフの方は何も言わずにその後はスプーンの向きを左利き用に置いてくれたり、また、翌朝の朝食はスタッフが変わっていたのですが左利き用にすべてセットされていて驚きを隠しきれませんでした。もう至れり尽くせりのご対応で、感謝感激の連続でした。

f:id:kentarosu:20180317235335j:image

  

ちなみに、筆者は高級旅館の予約サイト「Relax」から予約をしたので、Relax限定の「純米酒 神渡 三種呑み比べ」セットをサービスでいただきました。(通常メニューの料金は1セットで1,500円ほどしますので、2人で3,000円分ほどいただいた計算になります)

さらには、Relaxから予約したことで、部屋に入ると机の上に手紙まで置いてありました。こんなサービスは見たことがありません。Relaxから予約して本当によかったと思います。

 

⑤5階建ての屋上には混浴露天風呂

f:id:kentarosu:20180317235508j:image

「翠 sui-諏訪湖」は5階建てとなっており、その屋上は展望露天風呂になっています。諏訪湖を目の前に、横長の露天風呂になっていますので、あたかも諏訪湖と一体化しているように見えます。

混浴となっておりますが、もちろん専用の湯あみを着ての入浴となります。

f:id:kentarosu:20180317235535j:image

向き的に朝日は望むことができませんが、諏訪湖の奥に夕日が沈んでいく様子を見ることができます。諏訪という神秘的な地で、諏訪湖とともに夕日を見ることができるのは本当に癒されます。皆さんにもぜひ体験していただきたいと思います。

 

⑥目の前には「諏訪湖」そして周辺には「諏訪大社

f:id:kentarosu:20180317235647j:image

旅館の目の前は道を一つ挟んで雄大な「諏訪湖」です。

年間で見ると、冬は湖面が凍る現象を見ることができ、諏訪湖の様々な顔を見ることができます。

筆者が訪れた2月はちょうど湖面すべてが凍り、寒暖差で氷が膨張して隆起する「御神渡り」がみられるとのことでしたが、訪れる数日前に終わってしまっていました。

御神渡り」は見れませんでしたが、湖面のほとんどはまだ凍っておりましたので、幻想的な光景を見ることができました。

湖面が凍っている冬以外の時期にもまた訪れてみたいなと思っています。 

 

また、周辺観光ですが、この諏訪エリアはそれほど大きくありませんので、1日あれば十分観光できてしまいます。筆者は1日目は15時にチェックインして1日中宿で寛いで、2日目に観光して帰るという流れのスケジュールでした。

主な観光地としては、「諏訪大社」がありますね。

f:id:kentarosu:20180317235755j:image

ここは全国に1万以上もある諏訪神社の総本山です。諏訪湖を挟み、南北に分かれていて、日本でも珍しい四社体制(上宮本宮、上社前宮、下社春宮、下社秋宮)をとっています。

本宮の祭神は建御名方神タケミナカタの神で諏訪大明神(お諏訪様)として親しまれ、前宮はその妻であるヤサカトメの神が祀られています。夫婦なので「家庭円満の神様」とされています。また、御神渡りはこの夫婦がその道を通って会えることを意味しているとされており、御神渡りが見られるときには夫婦が無事会うことができたんだと諏訪の人たちはほっこりするそうです。

 

⑦宿泊者限定 諏訪大社4社巡り無料バスツアー

f:id:kentarosu:20180317235853j:image

この旅館に驚かされるのはこれまで書いたことだけではありません!

そう、宿泊者限定で無料参拝バスに乗車することができるのです。

4社すべてを案内付きで巡ることができるので、かなりおすすめです。

もちろん筆者も参加してきました。

ドライバーさんが自ら下車案内をするのですが、大変親切で、案内もわかりやすく素晴らしかった印象でした。

ただ、朝9時15分には集合しなければなりませんので、本来のチェックアウト時間である11時よりもかなり早めにチェックアウトする必要がある点がデメリットかもしれません。そのために午後のツアーもやっていますので、11時までゆっくりされたい方は午後のバスを利用すればなんの問題もありません。

 

 

 

宿泊料金の価格帯は?

ここまで色々と説明してきましたが、気になるのはその「お値段」ではないでしょうか。タイトル通り、ここは日本を代表する高級旅館ですのでもちろん宿泊代金は高めです。

筆者は2月下旬の平日に1泊2食付きスタンダードタイプの部屋に宿泊しましたが、通常料金二人で約60,000円でした。

平日に一人当たり30,000円ですのでなかなか高額です。

しかし、ここまで読んでいただいた皆さんはもうおわかりだと思いますが、この値段でも安いと思えるほどの市施設とサービスです。

お金と時間に余裕のある方は、いつもよりも贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 

主な交通手段

交通手段としては「JR」か「自家用車」になると思います。

筆者は自家用車で行きました。中央道もありますので、自家用車でもアクセスには困りません。

ただ、関東圏からの観光ですとJRの方が便利かもしれません。JRの特急あずさで上諏訪駅まで乗り換えなしですし、上諏訪駅からは無料送迎もあります。そして先ほどご紹介しましたが、周辺観光には宿の無料参拝バスを利用することができますので、車は必要ありません。

自家用車ですと東京から2時間半ほどで、JRですと2時間15分ほどです。

ぜひ次のご旅行の選択肢に入れてみてください!

必ず良い経験ができると信じています!

 

 

 

 

 

ベトナム・ハノイの歩き方 〜3泊でオススメ観光地を巡る〜

f:id:kentarosu:20170819061721j:plain

 

 

今回は、ベトナムの首都ハノイの観光をご紹介したいと思います!

 

ベトナム旅行といえば、ホーチミンシティ!と思う方がほとんどだと思いますが、ベトナムの首都はハノイです!

 

でも、首都だからってそんなに観光するところあるの?

 

あります!

 

3泊4日あればちょうどよく観光できますので、ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

ベトナムの基本情報

まず始めに、ベトナムってどんな国なの?という質問にお答えしたいと思います。

国名:ベトナム社会主義共和国

首都:ハノイ

面積:32万9241㎢

人口:9270万人

民族:キン族(約86%)

言語:ベトナム語

宗教:仏教カトリックカオダイ教、他

政体:社会主義共和国

首相:グエン・スアン・フック

物価上昇率:2.66%(2016年・年率・統計局)

通貨:ドン(Dong)

為替:1円 = 208.14VND(2017年8月現在)

 
 

ベトナムの歴史

ベトナムは地理的に北は中国、西はカンボジアと隣接しており、 外国からの影響を強く受けてきました。まず、紀元前の時代から約1000年間、つまり10世紀に渡って中国の支配を受けてきた歴史があります。秦の始皇帝支配下に納めて以来、その後の各王朝が支配を続けてきました。

ベトナムでは、この中国の支配時代に科挙制度が導入されていたこともあり、ベトナム人識字率は比較的高いとされています。

その後ベトナムは独立を果たしましたが、ベトナム全土を再統一した阮福暎の時代にフランスの皇帝ナポレオン3世の介入(インドシナ出兵)により、フランス=ベトナム戦争へと発展していきました。その後の1883.4年に結ばれたユエ条約により、ベトナムは正式にフランスの保護国とされるに至りました。

その後、フランスで勉学に励み、マルクス主義を学んだ社会主義者ホー・チ・ミンという人物が、ベトナムの独立を目指したベトナム民族運動を主導し、1930年にベトナム共産党を結成しました。

その後、ベトナム独立の足がかりとなる出来事が1940年代に起こりました。それは、第二次世界大戦でフランスがドイツに敗北したことです。ベトナム保護国としていたフランスが敗北したことで独立に近づきましたが、フランスに代わって日本軍がベトナムへ進駐したことで独立は余計遠いものとなってしまいました。

1945年に日本が第二次世界大戦で敗戦すると、ホー・チ・ミンの主導によってベトナム民主共和国が独立を宣言することとなりましたが、フランスが再度植民地政策に乗り出し、インドシナ戦へと発展していきました。

ここまでくると、ゲリラ戦を強いられたベトナムは泥沼となりました。

最終的にはアメリカの支援を受け、1955年にベトナム南部にベトナム共和国が誕生し、ホー・チ・ミンが北部で主導するベトナム民主共和国と激しい対立を繰り広げることとなりました。

1964年にはベトナム南部でアメリカの支配に激しく対立する南ベトナム民族解放戦線を ベトナム民主共和国が支援し、ベトナム戦争へと発展していきました。

アメリカの激しい空爆を耐え凌ぎながら、ゲリラ戦を繰り広げることでアメリカ軍は撤退し、1975年にサイゴンが陥落し、ホー・チ・ミン主導の北ベトナム南ベトナム民族解放戦線の勝利ベトナム戦争は幕を閉じることとなりました。

その翌年、1976年に南北が統一されベトナム社会主義共和国が誕生することとなり、首都は北ベトナムハノイが継承することとなりました。

その後のベトナムカンボジアなどとの抗争を経験し、社会主義推し進めてきましたが、世界の社会主義の衰退と資本主義経済の台頭により、現状を打開しようと1980年代後半からはドイモイ(刷新)政策を実施しました。

ドイモイ政策とは、資本主義経済の導入、国際社会への協調、国民の生活に必要な産業への投資、社会主義政策の緩和を旗じるし国のありかたを変えることです。今もドイモイ政策は続いており、国際社会に協調できるよう今も努力が続けられています。

 

ベトナムの物価事情 

f:id:kentarosu:20170814001324j:plain

ベトナムの物価と聞いて、みなさんはどんな印象を抱くでしょうか??

ベトナムの物価は安い。そう思う人は多いと思います。実際その通りで、日本と比較すると、モノやサービスの値段は安いです。

では、どれほど安いのでしょうか??

ベトナム旅行を検討している人にとってみると、かなり関心の高いことだと思います。

。。。そんなのわかんなくてもいいよ。。行ってみれば分かるから。

なんて人も多いかもしれません。

確かに行けば分かりますが、もしベトナムの物価を知らずに行くと現地の人からしてみるとかなり高額な値段を請求されても、「まぁこんなもんか」と普通に支払ってしまい、結果ぼったくられた、なんてことにもなりかねません。

ですので、行く国の物価についてはある程度認識しておく必要があります。

結論から言うと、大体3分の1から2分の1程度だと認識しておけば良いでしょう。

f:id:kentarosu:20170819061819j:plain

そして、ベトナムへ行く人にとってもう一つ認識しておかなければならないことがあります。ベトナムのモノやサービスの値段についてまず言えることは、値引きの際などに基準となり、日本では普通に存在している「定価」というものがベトナムにおいてはあってないようなものであるということです。

レストランでは現地の人向けのメニュー表と観光客向けのメニュー表が用意されていることもあり、お土産屋に行っても値段が書いていないこともあります。

また、値札があっても基本的にお店が勝手に作ったもので、その値札ですらただ書いてあるだけ、ということが多い印象があります。というのは、値札は元々販売したい金額より高く設定しておいて、あとはお客さんとの交渉で決めるというスタイルが当たり前となっているからです。

このことから言えるのは、みなさんはベトナム旅行に行って何かを買う時には「値引交渉をしないといけない」ということです。すんなりそのままの値段で買わないように注意しましょう。

 

現地価格を日本円に簡単に換算する方法 

現地では、言い値で買ってはいけない!ということはわかったけど、そもそもベトナムドンを日本円に換算するといくらなのかを計算するのが一番難しい!という人は多いと思います。

アメリカドルだったらほぼ100倍すれば日本円になるし、韓国だったら0を一個とれば日本円に換算できるから簡単だけど、ベトナムのドンという通過は値が大きすぎてよくわからないことが多いかと思います。

ここで、簡単に日本円に換算する方法をお教えいたします。

How to convert?

<例> 200,000ドンを日本円に換算すると??

①まず、ゼロを2つ取ります(÷100) →2,000ドン

②次に、半分に割ります(÷2) →1,000ドン≒1,000円

以上です!簡単ですよね??

これでもうベトナムへ行った際にはレート計算アプリは必要ないですね!

 

 

ノイバイ空港から市街地へのアクセス

f:id:kentarosu:20170813211137p:plain

ベトナムには大きな国際空港が2つあります。1つ目が首都ハノイに位置するノイバイ国際空港で、2つ目が商業都市ホー・チ・ミンシティに位置するタンソンニャット国際空港です。

このページでは、首都ハノイノイバイ国際空港から約30km離れたハノイ市街地へのアクセスについて見ていきたいと思います。

How to go to downtown?

ハノイ市街地へのアクセスは主に3種類!

①タクシーを使う

②ミニバスを使う

③旅行会社の空港送迎を使う

タクシーを使う

まずは一番便利な方法であるタクシーを利用した移動について見ていきたいと思います。

タクシーの利点は今述べましたが、かなり快適に市街地までいけることです。

所要時間は約40分ほどで、相場は25万ドン〜35万ドンです。先ほど書いたように日本円に換算すると、1300円〜2000円弱といったところです。 (÷100→÷2)

ノイバイ空港に乗り入れているタクシー会社は「エアポートタクシー」「マイリンタクシー」「ダイナムタクシー」などで、料金設定は定額料金かドライバーとの交渉の主に2種類あります。

便利なタクシーですが、利用の際にはいくつか注意点があります。

 

タクシー利用の注意点
  • 運賃交渉で乗車するのは控えよう
  • できればメータータクシーを利用しよう
  • 乗車したら、メーターが正常に動いているかチェックしよう
  • もし何かあったらツーリストポリスと言おう

 

ミニバスを使う

ミニバスはベトナム航空のオフィスの前から乗車することができ、ミニバンを使用した乗り合いバスになります。料金は数百円で利用することができますが、人数が集まるまで発車せず、運行間隔も正確に決まっていませんので、柔軟性はありません。また、後者場所は特定の場所になり、自分の予約したホテルまでは直接連れて行ってくれませんので、少し不便な移動手段となります。所要時間はタクシーと変わらず40分ほどです。

 

旅行会社の空港送迎を使う

ノイバイ空港では、旅行会社や私営バス会社が空港送迎シャトルバスを運行しています。このシャトルバスは、基本的に大型のバスで快適に市街地まで移動することができ、料金も数百円で利用できますが、こちらもミニバスと同様に不定期で運行していますので柔軟性はありません。

 

その他の移動手段

上記の他にも、ホテルの空港送迎や路線バスも運行されています。

もし予約したホテルの送迎サービスがあれば、そちらを利用することをおすすめします。

 

首都ハノイで絶対に押さえておきたい観光地

f:id:kentarosu:20170819062103j:plain

みなさんは旅行へ行く時に観光案内の書いてあるガイドブックを購入して旅に出ると思います。ひょっとすると、旅行前にガイドブックを買って、どこに行くのかを決めるのが楽しい!という人もいると思います。旅行というものは、ガイドブックを購入した時点から始まっているものです。

ただ、このサイトのような旅行系のブログやウェブサイトの方がもっと気軽に見ることができるので、今見てくださっている人たちの中には旅行の行き先が決まっていない人もいるかもしれません。そういった方には是非この記事を見て、「行ってみたい!」と思っていただけたらと思います。

では、まだ行き先が決まっていない人も対象にして、ここだけは絶対に押さえたいという主要な観光地をご紹介していきたいと思います。

 

ホーチミン

f:id:kentarosu:20170819062249j:plain

まず、先ほど書いたベトナムの歴史の中で、現在のベトナムの建国に最も影響力を発揮した人物が社会主義者であったホー・チ・ミンという人でした。

このホーチミンの名前が付く施設である廟とは、死者を祀る施設のことをいいます。つまり、このホーチミン廟は元国家元首であるホー・チ・ミンを祀るために存在する施設のことであることがわかります。

そんなホーチミン廟は、ベトナム社会主義共和国建国記念日である1975年9月2日に豪華絢爛に作られ、中にはホー・チ・ミンの遺体が安置されています。

また、夜間には22時頃までライトアップされ、終日多くの観光客が訪れる有名な観光地となっています。ただ、中に入場したいという方は、待ち時間があるほど人気となっているため、時間に余裕を持って観光するといいでしょう。

 

【営業情報】          
時間 :7:00〜10:30(4月1日〜10月31日)

    7:30〜11:00(11月1日〜3月31日)

休み :月曜日、金曜日

料金 :無料

その他:半袖、半ズボンなどの露出の多い服装は厳禁。

    カメラやビデオカメラでの撮影は禁止。

 

ホーチミンの家

ホー・チ・ミンが1954年から1969年までの期間使用した大統領府です。

建国記念日が1975年ですので、正式に建国する前から指揮を執っていたことがここからもうかがえます。また、敷地の中へは入ることができますが、室内には入ることができません。少し残念ですが、外にはホー・チ・ミンが実際に使用していた車などが展示されていますので、ホー・チ・ミンの生活や趣味を垣間見ることができます。

 

タンロン遺跡(タンロン城)

f:id:kentarosu:20170819062456j:plain

ここは世界遺産に登録されている観光地で、ハノイ観光には欠かせない場所となっています。広大な敷地にいくつもの遺跡があり、現在も発掘作業が続けられています。

11世紀から19世紀頃まで繁栄したベトナム王朝の城が築かれた場所で、威厳のある建物がいくつも点在しています。

ここの見所は、1964年に勃発したベトナム戦争時に実際に使用されていた地下作戦会議室や司令部があることです。ベトナム戦争はゲリラ戦でありましたので、ベトナム南部には自力で掘り進めた地下道であるクチトンネルなどの地下施設が多く作られました。このハノイの地にあるタンロン城の施設も当時戦争で使われていました。当時の電話や作戦用の地図、会議用のテーブルや出席者のネームプレートなどが今でも残されており、当時の殺伐とした雰囲気を知ることができます。

 

ホアロー収容所

f:id:kentarosu:20170819062556j:plain

ここは名前からもわかるように、刑務所のような施設でした。フランスの植民地時代の1896年に建設され、フランスに不都合なベトナム人の活動家を収容するために使われました。最高で2000人以上の活動家が収容されていたと言われています。1954年にベトナム北部起こったインドシナ戦争最後の戦いであるディエンビエンフーの戦いでフランス軍が敗戦したあとに勃発したベトナム戦争でも使用されました。ベトナム戦争の時には、侵略してきたアメリカ軍を捕まえて収容し、拷問をする施設として使われていました。そのため、中に入ると他の場所とは違った暗い雰囲気が漂っています。実際に使われた拷問用の道具や処刑用のギロチン台なども展示されており、ベトナムの暗い歴史を垣間見ることができます。

 

ホアンキエンム湖

f:id:kentarosu:20170819062535j:plain

ハノイ市街地の中心に位置するホアンキエンム湖は観光の拠点でもあります。自然豊かなこの湖の周辺は地元市民の憩いの場であるとともに、観光客の休息の場でもあります。たくさん歩くハノイ観光の中で、ホアンキエンム湖周辺ではゆったりとした時間を過ごすことができます。

また、湖上には島があり、そこには玉山祠という建物が立っています。観光地としても有名ですので、是非 入ってみてください。

  

ハノイ大教会(セント・ジョセフ教会)

f:id:kentarosu:20170819062424j:plain

1886年に建立されたハノイ最大の教会が、このセント・ジョセフ教会です。ネオゴシック様式で内部にはステンドグラスなどが飾られており、クリスマスなどにはライトアップもされます。近くには郵便局がありますので、もし時間があったら日本に向けてお土産のはがきを送ってみてはいかがでしょうか。ちなみに私も送りましたが、日本に着いてから到着しました。当たり前といえば当たり前ですが、それもまた良い思い出になりますよ。 

 

ロンビエン橋

f:id:kentarosu:20170819062614j:plain

ロンビエン橋は、旧市街の北側に位置する1700mの大きな鉄橋で、鉄道や車両、歩行者が通行することができます。

1903年に、パリのエッフェル塔を設計したエッフェル氏が設計したという説もあり、確かに鉄でできているところなどエッフェル塔を彷彿とさせる部分もあるような気がします。ただ、建設されてから100年以上の歳月が経っているため、かなり老朽化しています。私は歩いて1700mを渡り切りましたが、地面が側溝の蓋みたいなものになっていて、間からは下に川が見えてかなり怖い思いをしながら渡りました。結構命がけですので、渡られる際には自己責任でお願いいたします。。

f:id:kentarosu:20170819062714j:plain 

 

ドンスアン市場

f:id:kentarosu:20170819062750j:plain

ドンスアン市場は、ホアンキエンム湖の北側の旧市街に位置しており、ハノイ最大の市場です。日用雑貨からお土産品までは幅広く取り扱っているため、観光客なら一度は足を運びたいところです。大変混雑しており、スリが多発していますのでくれぐれもご注意を。

 

水上人形劇(ウォーター・パペットリー) 

f:id:kentarosu:20170819062402j:plain

水上人形劇はその名の通り、水面で繰り広げられる人形劇です。ハノイ随一の観光施設で、民話や伝説などを表現するハノイの伝統芸ですので、必ず行っておきたいところです。 

 

バチャン村

f:id:kentarosu:20170819062733j:plain

バチャン村は焼き物の村で、ハノイの旧市街からは10km以上離れた場所にあります。 16世紀頃には日本にも輸出されていたとされ、小さな村ですが日本との関わりのあった村ですので是非一目見に行ってみてはいかがでしょうか。道端にはたくさんの焼き物が並べられています。ただ、交通手段がタクシーしかない上、夜遅くになるとタクシーすらいなくなってしまうので、もし行くなら明るいうちに行くことをおすすめします。

 

 

 

 

ハノイ観光マップ

Google Mapを使って、以上の観光地の位置関係を示すマップを作成しました。

ハノイの観光地は、それぞれがそんなに遠くないのでほとんど歩いて観光することができます。是非、参考にしてみてください。

 

首都ハノイで絶対に押さえておきたいグルメ・レストラン

f:id:kentarosu:20170819062746j:plain

私は、ハノイで絶対に食べたいグルメは何かと言われて真っ先に思い浮かぶのが 、フォーとバイン・セオ、生春巻きです。 

まず、ベトナムに行ってフォーと生春巻きを食べない人はいないでしょう。フォーとは、米粉で作った麺料理のことで、もちもちの食感とさっぱりとした味わいでベトナムではとても人気の料理となっています。日本人が日本でラーメンやそば、うどんを食べるようにベトナム人はフォーを食べています。道端の屋台や街中のレストランのどこを見てもフォーを食べている人たちが目に入ります。特に朝方やランチの時間帯にはみんながこぞってフォーを食べています。東南アジア特有のパクチーが入っていることが多いため、日本人にとってみると好き嫌いが分かれる料理でもあります。もしパクチーが苦手!という人は、パクチー抜きで作ってもらいましょう。

生春巻きについては、主にレストランで食べることができます。生春巻きの中には生野菜や小エビが入っており、こちらもさっぱりとした味わいです。ハノイベトナムの北部と言えど、東南アジアの気候帯ですので蒸し暑いことが多いため、是非食べてみると良いでしょう。

バイン・セオについては、個人的に大好きなのでご紹介します。これはベトナム版のお好み焼きのような存在で、中にはエビや豚肉などがたっぷり入っており、海鮮お好み焼きのようにいただくことができます。ただ、さすがに日本とは違い、ソースやマヨネーズは出てきません!

 

ベトナムには他にもたくさんの名物料理がありますが、筆者が絶対に押さえていただきたいのは以上の3つになります!

 

それらが食べられるレストランは?と言うと、答えは数え切れないほどあります。他のサイトにはおすすめのレストランがたくさん紹介されていると思いますが、どこが良いとは一概には言えなく、どれをご紹介して良いかわかりませんので、是非自分の足で探してみてください。

 

【おまけ】Pineapple Restaurant

f:id:kentarosu:20170819062701j:plain

本当におすすめできる場所は結局ないの??

と思われると嫌なので、1つだけご紹介したいと思います!

Pineapple Restaurantは、私が1回の旅行で何回も行ってしまうほど美味しかったレストランですので、自信を持ってご紹介します!

場所はドンスアン市場とホアンキエンム湖の間の旧市街に位置しており、お店の名前の通りパイナップルを使った様々な料理を楽しむことができます。

f:id:kentarosu:20170819062712j:plain 

あまり観光ガイドブックなどにも載っていないレストランですが、かなりおすすめですので是非みなさんも行ってみてください!

 

首都ハノイでオススメのホテル

f:id:kentarosu:20170813233800j:plain

ハノイ旅行で大事なことの一つは、どこのホテルを取るのかということです。

せっかく遠出する海外旅行で、観光に割ける時間は限られているわけですので、ホテルを予約する上では立地が最も重要なポイントになることは間違いなしです。

ホテルの質を求めれば、いくら物価の低い国であっても際限がありません。

ですので、できるだけ旅費を安く抑えたい!と思う人は、ある程度のレベルであれば立地を重視することをおすすめします。

では、ハノイ観光においてはどこの地域のホテルを予約するのがベストな選択なのでしょうか?

私が答えるのであれば、間違いなくハノイ旧市街周辺をおすすめします。

ハノイ旧市街はどこにあるのかというと、ドンスアン市場とホアンキエンム湖の間です。この周辺であれば、ほとんどの主要観光地へは徒歩で行くことができます。西湖まで行きたい!という人は何れにしてもタクシーかバイクタクシー(セオム)で移動することになりますので、西湖に焦点を当てて宿を取ることはあまりおすすめしません。

では、早速私が実際に宿泊したホテルも含めておすすめをご紹介したいと思います。

 

ギャラクシーホテル

f:id:kentarosu:20170819063408j:plain

まずは私が実際に泊まったホテル「ギャラクシーホテル」。

どこにあるのかというと、ドンスアン市場から少し北に進んだところにあります。

大通りに面しており治安的にも良い場所に当たり、旧市街の騒音もなく落ち着いて寝ることができるということで、かなりおすすめします。

1つ欠点を挙げると、夜中まで遊んだ時にホテルの玄関の外から呼び鈴でスタッフを起こして鍵を開けてもらわないといけないということです。寝ているスタッフを起こすのはかなり申し訳ないですが、これが普通のスタイルですので、あまり気にしないようにしましょう。夜遅くまでドンスアン市場から旧市街周辺は盛り上がっていますので、是非夜のハノイも楽しみましょう。

また、トリバゴのサイトで格安で予約できますので、是非検索してみてください!

 

オリエンタル スイーツ ホテル&スパ

www.tripadvisor.jp

次に、私が調べた中でおすすめできそう!というホテルをご紹介したいと思います。

それはオリエンタル スイーツ ホテル&スパというホテルです。

場所は、旧市街の中に位置していますので、観光にはもってこいの立地です。

また、トリップアドバイザーでは口コミ数も1800件以上となかなか良さげな上、東南アジアのリゾートチックな外観と内装となっているので、ハノイに来たぞ!という感じが味わえると思います。

こちらはエクスペディアから格安で予約できるみたいです!

 

ハノイ 3泊4日オススメのモデルコース

それでは、ハノイの主要な観光地やおすすめのグルメ、ホテルを見たところで、どのようなコースで観光したら効率よく楽しむことができるのかをご紹介していきたいと思います。

f:id:kentarosu:20170819055215p:plain

f:id:kentarosu:20170819055421p:plain

f:id:kentarosu:20170819055259p:plain

f:id:kentarosu:20170819055222p:plain 

 ハノイを観光するに当たっては、旧市街、ホアンキエンム湖周辺が拠点になることは間違いありません。必ず行っておきたい観光地は一通り押さえて、ロンビエン橋に行くついでにタクシーで足を伸ばしてバチャン村に行くのが良いでしょう。

また、食事も基本的には旧市街、ホアンキエンム湖周辺で取ることになると思います。ホアンキエンム湖の北側にはお土産屋さんもたくさんありますので、是非立ち寄ってみてください!

そして、コースを見てわかるように、基本的に徒歩で散策できますので、歩きやすい靴やサンダルで行くことをおすすめします!

 

 

コスパ最強 ベトナムハノイ旅行はこうやって予約する!

f:id:kentarosu:20170813234012j:plain

さて、みなさんは海外旅行に行くときに、航空券やホテルなどをどのような手段で予約しますか??

HISやJTBなどの旅行代理店に行って、棚に並べられているツアーパンフレットの中から行きたい国を選んで手に取り、旅行代理店が用意した航空券とホテルと空港送迎がセットになったツアーを検討する人や、代理店には行かないけどHISやJTBのウェブサイトから予約するという人が多いと思います。

最近では航空券の比較サイトに様々な企業が参入しており、市場規模も大きくなってきていますので、比較サイトから予約するという人もいると思います。

ただ、旅慣れていない人にとってみると、やはり旅行代理店からツアーを申し込むというのが一番安心感があるのではないでしょうか。

以上のように、インターネットやスマートフォンの普及に伴い、海外旅行の予約の仕方は多様化してきています。

そんな世の中ですので、どこのサイトで予約したら一番お得なのかわからない!という人のために、ここでは筆者がいつも利用しているおすすめの比較サイトや予約サイトをご紹介したいと思います!

 

ここからは、2017年9月8日(金)から11日(月)までの3泊4日で旅行をすると仮定して、私がいつも行っている方法を実践してみたいと思います。出発地は東京、目的地はハノイに設定して検索してみますので、みなさんもご一緒に検索してみてください!

こうやれば最適な航空券が予約できるのか!ということをより理解していただけると思います!

 

Skyscanner(スカイスキャナー)で航空券を探す!

f:id:kentarosu:20170819024650p:plain

スカイスキャナーとは、航空券やホテルの比較サイトです。

最安値を検索することができるので、格安航空券を予約したい!という人にとってみると欠かせない存在となっています。

 

さて、スカイスキャナーで前述の条件で検索してみると、最安値は以下のように表示されました。

f:id:kentarosu:20170819025109p:plain

最安値は46,150円と表示されましたが、その次の48,090円のフライトの方が時間帯的に適切だと思います。

詳しく見てみると、出国は成田空港で、帰国は羽田空港であることがわかります。都心部からですと羽田空港の方が利便性が高いので、疲れている帰国便が羽田着なのはありがたいことです。

f:id:kentarosu:20170819025632p:plain

 そして、チケットを予約の部分に表示されているのが、その航空券を発売している各旅行会社になります。このフライトだと、サプライスという旅行会社が発売する航空券が最も安いことがわかります。

では、この航空券に目星を付けたところで、次に同じく比較サイトであるトラベルコちゃんを見てみます。

 

トラベルコちゃんで航空券を探す! 

f:id:kentarosu:20170819030336p:plain

こちらもスカイスキャナーと同じく航空券やホテルの比較サイトです。

比較サイト同士でも表示する料金が異なりますので、見ていきます。

同じ条件で検索してみると以下のような結果となりました。

f:id:kentarosu:20170819030700p:plain

目星を付けた航空券は48,630円でした。スカイゲートよりも若干高い料金となりましたが、発売会社をよくみると先ほどのサプライスが発売する航空券が表示されていません。検索対象になっていないことが原因だと思われますので、スカイスキャナーの方が優れているのだと想像することができます。 

https://www.skyscanner.jp/

 

DeNAトラベル(旧スカイゲート)で航空券を探す!

f:id:kentarosu:20170819031118p:plain

こちらも比較サイトです。

同条件で検索すると、以下のようになりました。

f:id:kentarosu:20170819031440p:plain

同じ航空券でも52,810円と、かなり高い料金が表示されています。

こちらもトラベルコちゃんと同様にスカイスキャナーに完敗です。

 

Surprice!(サプライス)で航空券を探す!

f:id:kentarosu:20170819031937p:plain

ここまで検索して、現段階で最適な航空券はスカイスキャナーで検索してヒットした、サプライスが発売する航空券であることがわかりました。

では、次の段階では、この航空券をいかに安く予約できるか、ということに焦点を当てていきたいと思います。

先ほどスカイスキャナーに表示された「チケットの予約」の項目から進んでしまうと、各航空券発売会社が独自で実施するクーポンやキャンペーンが適用されませんので、GoogleYahoo!などの検索エンジンから自分でサプライスを検索して見ましょう。

f:id:kentarosu:20170819032609p:plain

f:id:kentarosu:20170819032613p:plain

検索した結果、49,370円となり、スカイスキャナーが表示した48,090円よりも高い金額という結果になりました。

しかし、サプライスは定期的に1000円から多い時で5000円引きのクーポンを発行しています。このクーポンを待てば、かなりお得になります。

例えば、以下のような3000円引きクーポンが発行された場合、今回検索した航空券は46,370円となりますのでかなり安く予約することができます。

f:id:kentarosu:20170706084601j:plain

私はなんだかんだで毎回のようにサプライスで予約をしています。

クーポンが発行されるのを待って予約をすると、ありえない料金で購入することができます。

また、クーポンの使い方については、他のページでもご紹介していますので是非ご覧ください!

 

www.vivalatrip.info

  

Ctripで航空券を探す!

f:id:kentarosu:20170819033910p:plain

Ctripは、中国に本社を置く中国系の旅行比較会社で、最近ウェブ上でもよく広告を見かけるようになりました。

アジアで最大規模と言われる予約サイトであることから、幅広いバリエーションとリーズナブルな価格で販売しており多くの人気を呼んでいます。

現段階ではあまり知られていないサイトになりますが、スカイスキャナーで検索した際には最安値を表示することが多いサイトにもなります。

是非こちらのサイトでも検索してみると良いでしょう。

 

Expedia(エクスペディア)でホテルを探す! 

f:id:kentarosu:20170819041846p:plain

次にホテルの比較・予約サイトをご紹介したいと思います。

まずはエクスペディア。

エクスペディアはスマートフォンから予約するとモバイル割引が適用され、かなり格安で予約をすることができます。

また、アメリカンエキスプレスと提携しており、アメックスカードで支払いをすると海外ホテルが8%引きになるクーポンを発行しています。

私はアメックスを持っていますので、日本国内、海外問わずこのエクスペディアからホテルを予約することが多くなっています。日本国内ではこれまでにホテルの無料アップグレードを受けたこともあり、いつも快適に利用させていただいているので、みなさんもアメックスカードをお持ちでしたらエクスペディアからのご予約をおすすめします!

VISAカードなどでも、モバイル割引が効きますのでかなりお得に予約できますので、まずは検索してみると良いでしょう!

 

Trivago(トリバゴ)でホテルを探す!

f:id:kentarosu:20170819041813p:plain

お次はトリバゴのご紹介です。

トリバゴというと最近ウェブ広告やテレビCMなど、見ない日はないと言っても過言ではないほど広告を打ちまくっていますのでみなさんご存知かと思います。

同じお部屋でも予約するサイトによって料金が違う!ということを売り文句に売り出していますが、航空券でもそうであったように真実なのです。

私はエクスペディアのヘビーユーザーですのでトリバゴはまだ使ったことがありませんが、今後は是非検索対象にしてみたいと思います!

 

Hotels.comでホテルを探す! 

f:id:kentarosu:20170819041750p:plain

最後はHotels.comのご紹介です。

このサイトもホテルの比較サイトの代表格です。韓国や東南アジア、ヨーロッパの安宿も検索することができますので、バックパッカーのような人たちにもおすすめのサイトになります。私も安宿を予約する時によく使っているサイトですので、是非検索対象にしてみてはいかがでしょうか!

 

 

【コラム】旅で使えるカタカナベトナム語

f:id:kentarosu:20170813234306j:plain

ベトナム旅行に行ったときにすぐに使えるベトナム語をカタカナでまとめてみました。

みなさんの旅行に行く目的は様々だと思いますが、誰にとっても現地の人たちと交流するということは旅の醍醐味のひとつではないでしょうか。

レストランに入ったときやおみやげショップに入ったときに、現地の言葉で軽く挨拶ができるだけでも意思疎通が取れた気がして幸せな気持ちになるものです。

本当に簡単な言葉だけを集めてみましたので、ベトナムへ行ったときには是非勇気を出して使ってみてください。きっとお互い笑顔になるでしょう。

おはよう・こんにちは・・・シンチャオ

ありがとう     ・・・カムオン

どういたしまして  ・・・コン コー ジー

ごめんなさい    ・・・シンローイ

高すぎる!     ・・・マック ワー

おいしい!     ・・・ンゴーンクワー

安くしてよ!    ・・・ボッ ディー

 

 

【動画付き】35ヶ国旅してきた筆者が格安航空券の予約の仕方を大公開!〜なかなかのアナログ方式です〜

f:id:kentarosu:20170729165830p:plain

 

 

こんにちは!

今回は、世界35カ国を旅してきた筆者が実践している格安航空券の取り方をご紹介していきたいと思います!

いま海外旅行に行こう!航空券を買おう!と検討している人には朗報かもしれません!

海外旅行に行くときには、たいていの人がHISやJTBなどの旅行代理店を通して旅を組み立てることになると思います。

航空券とホテルを別々に予約して、空港から市街地やホテルまで自力で行くなんて、バックパッカーじゃん!と思う人も多いかと思います。

しかし、実際はそういった予約のスタイルが普通になってきています。

予約もウェブで簡単にできるようになり、旅慣れていない人でも難なくできてしまいます。

今回は、動画付きでご紹介しますので、是非参考にしてみてください^^

 

 

1. 旅行の目的地と日程を決めよう

旅行に行く日程が決まって、いつ何泊できるのかが決定したらまずは旅行の目的地を決めますよね。

いや、逆の人の方が多いのかな??

旅行にいきたい国や場所があって、それに合わせてお休みを取る人の方が多いですかね!

 

まあどちらにしても行く場所を決めないことには旅行プランを立てられません!当然ですね。。。

 

日本国内でサラリーマンやOLをしている人は数日の休みを取ることが精一杯ではないかと思います。私もそのうちの一人です。

海外旅行で考えるなら、数日間、3泊4日や4泊5日で行ける国はハワイやグアムやサイパン、韓国や台湾、中国や東南アジアが考えられます。

それ以上遠いところに行くとなると、もう少し日数が欲しくなります。

 

そこで、今回はタイを取り上げてプランを立てて行きます!

(タイについては実際に行った時の内容を書いていく記事も作成中です!)

 

2. 航空券を購入しよう

目的地と日程が決まったら、HISやJTBなどの旅行代理店が販売するツアーや航空券購入サイトで販売されている航空券を購入することになると思います。

 

その中でも、旅行をする際には何時の飛行機を利用するかはかなり大事なポイントになると思います。

何時に日本を出発して、何時に目的地に到着するのか。

また、何時に帰国するのか。

できる限り現地に長い時間いたいと思うのが当然だと思います。

航空券とホテル、空港送迎などがセットになったパッケージツアーに申し込むと、飛行機の便の柔軟性に欠けることになります。

せっかくだったら、パッケージツアーではなく自分でそれぞれ予約をした方がいいかもしれません!

私は基本的に自力で全部予約してしまいます。そっちのが安いし良い便が取れるからです!

 

ここでは3泊4日で旅行すると仮定して、2017年9月7日〜10日の航空券を探してみたいと思います。

 

実際に航空券を見てみよう!

まず私が見るのは・・・航空券比較サイト

 

多分、多くの方が見るのではないでしょうか??

航空券比較サイト。

例えば、以下のようなものがあります。

 

<航空券比較サイト>

・スカイスキャナー

・エクスペディア

DeNAトラベル(旧スカイゲート)

・トラベルこちゃん

・イーツアー

・エアータウン      などなど

 

以上のような航空券比較サイトは、ひとつひとつの旅行代理店などの航空券販売会社をほぼ隈無く検索してくれますのでかなり便利です。

多くの方々はそこから予約をするのではないでしょうか??

 

ただ、私はこの比較サイトからは予約をしません!

 

なぜでしょうか???

 

私が最初に上記のような航空券比較サイトを検索する理由としては、最適な航空券(例えば発着時間や料金)があるのかないのか、あるならその最適な航空券がどこのサイト(どこの旅行代理店)から発売されているのかを知る手がかりにするために利用します。

理由はまたあとで説明したいと思います。

とりあえず見ていきましょう。

 

①まずはスカイスキャナーで検索してみる

f:id:kentarosu:20170729152844p:plain

私は今回名古屋からフライトをすると仮定して以下のように検索してみます。

出発地「名古屋」

目的地「バンコク

出発日「9月8日」

現地出発日「9月11日」

 

すると、、、

f:id:kentarosu:20170729153414p:plain

f:id:kentarosu:20170729153419p:plain

こんな感じで様々な航空券が出てきます。

「最安プランから順に表示」を選択しているので、安い順に表示されています。

中でも今回目に止まったのが、下の航空券。

f:id:kentarosu:20170729153824p:plain

f:id:kentarosu:20170729153828p:plain

 

1日目は朝8:55とゆっくりと出発して、上海トランジットでバンコクには15:50到着の便。

夕方到着すれば夜は十分遊べますね。

 

最終日(4日目)の便は朝の9:50ですので、ダウンタウンを7時頃に出発すれば十分間に合いますので、意外にゆっくりできますね。

中日の2日間はフルで遊ぶことができますので、社会人でサラリーマンの人にとってみると十分ではないでしょうか。

 

これで料金は、35,418円。

ん〜〜〜。これは安いのか??

うん、土日挟んでること考えるとかなり安い。

 

しかし、これは航空券代のみ!

宿代考えると結構いくな。。。

 

もっと安いのないかな???

 

こう考えるでしょう!

でもここで妥協してしまう人も多いと思います。

 

では次に何をすればいいのでしょうか。

 

 

②一応他の比較サイトも見てみよう

 

DeNAトラベル(旧スカイゲート)

 

f:id:kentarosu:20170729160304p:plain

さて、同じ条件で検索してみます。

f:id:kentarosu:20170729160519p:plain

残念ながら同じ条件の航空券がありませんでした。

こういうこともあります。

また、今回は珍しく料金もかなり高め。

普段はDeNAが一番お気に入りなのに。。。。

 

・トラベルこちゃん

f:id:kentarosu:20170729155539p:plain

同じ条件で検索してみると、、、 

まったく同じ航空券が出てきますね。

あれ?!少し高い!

そうですね。

こうして比較サイト同士でも料金が変わってくるんです。

f:id:kentarosu:20170729155757p:plain

 

・イーツアー

f:id:kentarosu:20170729160811p:plain

こちらも同じく名古屋⇆バンコクで9月8日〜11日の期間の航空券を検索してみました。

f:id:kentarosu:20170729161117p:plain

でてきました。

全く同じ航空券ですね。

しかし、39,880円とトラベルこちゃんよりも高い!!!!

ここまではスカイスキャナーが圧勝しています。

 

・エアータウン

f:id:kentarosu:20170729161505p:plain

ではここでは最後にエアータウンも検索してみましょう。

これでだめならスカイスキャナーか。。。。

そんな気持ちでとりあえず検索してみました。

結果は。。。

f:id:kentarosu:20170729161759p:plain

帰りの便の乗り継ぎ時間が若干違いますが、ほぼ同じ条件。

40,880円!!!

さらに1,000円上がりました。。

 

やはりスカイスキャナー最強説。。。。

 

 

③次に最適な航空券が発売されている代理店を検索しよう

ここで大事なことが、「比較サイトを見て終わってはいけない」ということ。

各航空券比較サイト同士でも料金が大きく変わってきたように、その比較サイト上に表示されている航空券の料金は絶対的なものではありません。

また、比較サイト上で表示されている航空券の料金は、各旅行代理店が実施しているキャンペーンやクーポンなどの割引が適用していない料金ですので、その比較サイト上に表示されている料金よりも安く購入できる可能性があるのです!

 

今回は、スカイスキャナーで表示されている最安値の航空券を発売している旅行代理店を見てみることにしましょう。

先ほどの航空券はこちらですね。

f:id:kentarosu:20170729162832p:plain

下の方を見てみると、予約サイトへと誘導する緑色の「詳細」ボタンがあります。

その左側を見ると、「Ctrip」と書いてあります。

そう、このCtripというのがこの航空券をこの料金で発売している旅行代理店なんですね。

仕組みとしては、詳細ボタンを押すとCtripの購入画面にリンクして、購入してもらうというものですね。

ただ、先ほども書きましたが、ここで表示されている「詳細」ボタンから誘導される購入ページでは、Ctrip自身が実施しているキャンペーンやクーポンの割引は適応されていません。

もしかしたら何かさらなる割引があるかもしれませんので、念のためその代理店のウェブサイトでも検索して確かめてみることが大切です。

 

では見てみましょう。

Googleで「Ctrip」と検索してみると

f:id:kentarosu:20170729163509p:plain

ありました。

このサイトが最適な航空券を最安値で販売している正体ですね。

 

どうも中国の企業が運営している会社のようです。

どうりで中国東方航空が安いわけですね。

 

アプリからの方が割引があるようですので、インストールして早速検索してみると、確かにほんの少しだけ安い。 

f:id:kentarosu:20170729165733p:image

スカイスキャナー経由だと35,418円でしたが、このアプリからだと35,156円ですね。

若干ですが安くなりました。

これ以上はもう無理かな????

 

④念のため航空会社も見てみよう

ここでもう一踏ん張り。

今回ヒットした中国東方航空の便ですが、この便を運行するのはもちろん中国東方航空です。

ということは、中国東方航空のウェブサイトでも発売していますね!

念のためチェックしてみましょう。

f:id:kentarosu:20170729170431p:plain

f:id:kentarosu:20170729170902p:plain

あれれれれれれれれ?!?!?!?!

63,070円!!!!!

高い!!!!!

やはり各旅行代理店に卸している団体価格に勝るものではないのか。。。

 

ということで、今回はCtripのサイトから購入するのが一番安いことがわかりました。

他にもクーポンをよく発行する旅行代理店「Surprice!」もオススメですので、一度はチェックしてみるといいと思います。

私は毎回チェックします!

ちなみに今日まで3000円オフのクーポンが配布されています!!!

 

 

また、今回は別の日程で検索した動画も作りましたので、ぜひ参考にしてみてください!

👇👇👇


名古屋発タイ・バンコク行きの格安航空券の取り方を実践〜海外旅行者向け〜

 

 

【この夏必見!】夏にオススメ!避暑地「草津温泉・軽井沢」のおすすめドライブコース

f:id:kentarosu:20170721224049j:plain

 

 

 

こんばんは! (id:kentarosu)です。

さて、今回は7月の旅行にオススメのスポットをご紹介します!

 

その場所とはズバリ、軽井沢草津温泉です。

 

私は昨年の7月の三連休に軽井沢草津温泉に旅行に行ってきましたので、そこで得たオススメをご紹介します!

 

夏休みになると観光客が多くなって行きづらくなるから、夏休み前にどこか観光に行きたいな〜

それなら草津温泉軽井沢に遊びに行くといいよ!

なんで草津軽井沢なの〜!?

去年7月の三連休に草津温泉軽井沢に行ったんだけど、道もそんなに混んでないけどある程度の賑わいがあって、草津温泉ではお祭りが開催されてたから夜は最高だったんだよ!

へ〜!それなら楽しめそう!どんな感じの行程で行ったのかとか、どんな所だったのか教えて欲しーなー!

かなりオススメだからたくさん教えてあげるね!よく読むんだよ!

ありがとー!楽しみ〜!

 

さて、まず私が実際に行ったスケジュールは以下の通りです!

 

1日目  軽井沢のアウトレットでショッピング

           旧軽井沢銀座を散策

           白糸の滝

           鬼押出し

           草津温泉・・白根神社祭礼

 

2日目  草津温泉

           ロックハート

           草津温泉日帰り入浴

 

以上、1泊2日の弾丸旅行でしたが、草津温泉では夜までゆっくりと過ごすことができたので大満足でした!

 

ちなみに、草津温泉の位置はこんな感じです。

群馬県に位置しています。

f:id:kentarosu:20170724211101p:plain

 

また、今回のドライブルートを図で表すとこんな感じになります。

手作りですのでかなり見にくいと思いますがご容赦ください。。

f:id:kentarosu:20170724223540p:plain

 

では、それぞれのスポットをご紹介していきたいと思います。

 

 

軽井沢・プリンスショッピングプラザ

f:id:kentarosu:20170721224900j:plain

さて、まずは私がこの旅行ではじめに行った「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」をご紹介します!

 

このショッピングプラザはアウトレット形式で、カジュアルブランドからハイブランドまでをお買い得な価格で楽しむ事ができます。

 

場所は、長野県北佐久郡軽井沢町にあり、高速道路の最寄りインターは「碓氷軽井沢(うすいかるいざわ)になります。

碓氷軽井沢インターからは車で20分くらいで行く事ができますが、連休ということもありさすがに道が混んでいました。

 

ショッピングプラザの駐車場はプラザの敷地の中にありますので、車を降りたらすぐにショッピングを楽しむ事ことができますので、かなり便利です。

 

敷地や店舗の規模ですが、軽井沢という田舎の場所にあるだけあってかなりの大きさです。私がいつも行く長島のアウトレットや小矢部のアウトレット、土岐のアウトレットとは一線を隠していると言っていいでしょう。

 

このショッピングプラザのいい所は、これからご紹介する「旧軽井沢銀座」からほど近いところに位置しているということと、デートや家族連れでも楽しめる芝生広場やきれいな池があることです。幅広い年代の方々がゆっくり楽しめるように工夫がなされています。

 

ただ、先ほど書いたようにハイブランドもたくさんありますが、安くなっていると言っても簡単に手を出せるような値段ではないですよね。。。

でも、PARCOなどにも入っているようなカジュアルなブランドも数多く入っているため、安心してください!笑

 f:id:kentarosu:20170724220811j:plain

今年の夏は是非行ってみてください! 

 

【Map】

f:id:kentarosu:20170724203329p:plain

〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢

Google マップ

www.karuizawa-psp.jp

 

旧軽井沢銀座

f:id:kentarosu:20170721225057j:plain

こちらは旧軽井沢銀座という商店街???のご紹介です。

私は前述した「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」でお買い物をしたあと、旧軽井沢銀座へ向かいました。

 

軽井沢まで来てショッピングプラザの中のフードコートでお昼ご飯を食べるのも嫌だったので、少し我慢をしつつランチを目的に旧軽井沢銀座へ。

軽井沢には初めて行ったので何があるのか全くわからない状態でした。

とりあえず旧軽井沢駅?を目指して車を進めました。近くに連れて車の量や街を歩く観光客の量が増えてきて、旧軽井沢駅周辺は人でごった返していました。

人が多い所に行くと観光地に来た!というような感覚がして嬉しいものですね。

 

とりあえず旧駅から近そうで空いている駐車場を見つけて止めました。

だいたい相場は500円くらいで、近くに行くにつれてやはり空いていませんでした。

 

駐車場についてはこのサイトに詳しく載っています!

karuizawa-ginza.org

 

車を止めたら歩いて旧軽井沢駅の方へ。

 

f:id:kentarosu:20170724215134j:plain

f:id:kentarosu:20170724215228j:plain

通りもどこかおしゃれな感じで、軽井沢にいるんだなという気持ちがしてきます。

 

そこから奥へ進み、商店街でランチを探しながらウロウロ。

f:id:kentarosu:20170721230107j:plain

ガイドブックも持って行かなかったので、どこに入っていいかわからず、スマホで調べながらぶらぶらしました。

 

商店街には良さげなお店が見つからなかったので、旧軽井沢駅周辺をふらついていると、行列が見えるではありませんか!

 f:id:kentarosu:20170721231223j:plain

絶対に有名なお店だと確信しましたが、あまりにも並んでいたので断念することに。

そこから少し歩いてみるとかなりおしゃれな建物が出現し、調べてみるとここも有名なレストランということでしたので、そこに決定。

 

そのお店がこちらの「SAWAMURA」というお店です。

www.b-sawamura.com

 

 

ハンバーガー?が有名なお店だそうで、早速ハンバーガーを注文しました。

f:id:kentarosu:20170721230546j:plain

f:id:kentarosu:20170721231040j:plain

 

こちらの料理も注文しました!

ピザのような味わいで、新しい感覚の料理でした。

f:id:kentarosu:20170721231425j:plain

 

ショッピングもしてお腹がペコペコでしたが、結構なボリュームがありお腹もいっぱいになりました。

 

 

 

このお店でも少し並びましたが、お店自体が大きいので混んでいても大行列ということはなさそうです。

 

お腹もいっぱいになったところでお散歩をして次の目的地「草津温泉」に向かおうかというところで、またまた美味しそうなお店が。。。

 

お腹はいっぱいでしたがせっかく来たんだから食べてみよう!ということで、食べてみることに。

f:id:kentarosu:20170721231133j:plain

f:id:kentarosu:20170721230728j:plain

 

お腹も本当にいっぱいになって大満足したところで、次こそは草津温泉に向かいます。

 

【Map】

f:id:kentarosu:20170724211251p:plain

〒389-0100 長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢

Google マップ

karuizawa-ginza.org

 

白糸の滝

f:id:kentarosu:20170721231429j:plain 

f:id:kentarosu:20170724215856j:plain

旧軽井沢銀座を出発して草津温泉に向かおうというところで、またまた楽しそうなスポットがあり立ち寄ってみようということで行ったのが「軽井沢白糸の滝」。

 

軽井沢から草津温泉に向かう道はいくつもあると思いますが、地図で見てみると細いけど最短距離で行けそうな道を発見。

f:id:kentarosu:20170724215441j:plain

その道を走っていたところでこの白糸の滝を見つけました。ここも細い道の傍にたくさんの車が止まっていて、「なんだこれ?よってみるか」と軽い気持ちで立ち寄ったのですが、かなり涼しくきれいな滝があって「これはオススメできる!」と思いました。

 

道の傍の駐車場?に車を止めて人の流れる方向へ歩いていきました。山道?みたいな感じで、結構歩く感じかと思いましたが、そんなに歩かずに白糸の滝に到着。

f:id:kentarosu:20170724215809j:plain

f:id:kentarosu:20170724215828j:plain

f:id:kentarosu:20170724215845j:plain

f:id:kentarosu:20170724215854j:plain

途中の道も趣があってなかなか興奮します。

f:id:kentarosu:20170724215558j:plain

f:id:kentarosu:20170724215618j:plain

 

白糸の滝があるところでは、数多くの観光客が写真を撮っていました。私も写真を撮って、そのあとも涼しくて空気が綺麗だったので、このあとちゃんと草津温泉に着くのか不安になりながらもゆっくりすることにしました。

自然を満喫できるので、軽井沢に行く人にはかなりオススメのスポットです!!!!

 

【MAP】

 f:id:kentarosu:20170724202838p:plain

〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉

Google マップ(白糸の滝)

  

www.slow-style.com

 

 

鬼押出し

f:id:kentarosu:20170724220115j:plain

f:id:kentarosu:20170724220142j:plain

 

ここも軽井沢から草津温泉に向かう途中に立ち寄った観光地です。白糸の滝からは直行しようと思ったのですが、なんか面白そうな建物があったので。

白糸の滝から有料道路を走行していると途中にあります。なぜか有料道路の区間内にあるんです。その時点で少し面白いですよね。

 f:id:kentarosu:20170724220805j:plain

ここは、鬼押出し園と書いて、そのまま「おにおしだしえん」と読みます。

時間も夕方になり、草津温泉のチェックインの時間もありましたのでチャチャっと回ることにしました。

ここもどんな感じか全くわからず急遽立ち寄りましたが、火山の噴火によって流れ出した溶岩があちこちにあり、その中を歩いていくといった場所です。近くには浅間山がり、溶岩がたくさんある奥に堂々とした山々があるのをみるのは壮大な景色でした。

f:id:kentarosu:20170724220201j:plain

f:id:kentarosu:20170724220216j:plain

 

ここも白糸の滝と同様歩いて回る観光地で、こちらは結構歩きます。

しかし、ここでしか経験することのできない景色の中を歩けることは非常にいい経験ですし、感動しました。つい写真も撮り過ぎてしまうスポットだと思います。

f:id:kentarosu:20170724220223j:plain 

f:id:kentarosu:20170724220224j:plain

また、下の写真のように様々な植物も咲いていて、ついつい見とれて時間を忘れそうです。

f:id:kentarosu:20170724220247j:plain

【MAP】 

f:id:kentarosu:20170724203020p:plain

 〒377-1593 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1053

Google マップ

 

www.princehotels.co.jp

  

草津温泉 白根神社祭礼

さて、鬼押出し園を経由してようやく草津温泉街に到着しました。

着いたのは18時くらいで、なんだかんだでちょうどいいくらいの時間になりました。

f:id:kentarosu:20170724220321j:plain 

今回宿泊した宿は、草津温泉「極楽館」というところです。

7月の三連休でしたが、料金は素泊まりで一人10,000円でした。しかもこの値段で宿にある3種類の貸切風呂に入り放題。さらにさらに、草津温泉といえば湯畑がある中心地から歩いて3分くらい。かなり好立地で貸切風呂付きでこの値段の場所は他にはないかもしれません!

 

宿に到着するや否や、荷物を置いて早速湯畑へ行くことに!

THE 温泉街! という雰囲気の中、宿の浴衣と草履を履いてカタカタと歩くのは最高に気持ちよかったです。

三連休だけあって結構観光客も多いな〜と思いながら歩き、湯畑に到着してみると、、

死ぬほど人がいるではありませんか!!!

 

屋台とかも出ていて、バックには湯畑の湯けむりも立っておりかなりいい雰囲気。

神輿を担ぐ人もいたので、なんだなんだ?と思っていると、どうも今日はお祭りの日ということでした。

ちょうど「白根神社」のお祭りの日だったのです。毎年7月の三連休あたりにやるそうで、かなり盛り上がっていました。

f:id:kentarosu:20170724220403j:plain

f:id:kentarosu:20170724220328j:plain

f:id:kentarosu:20170724220337j:plain 

f:id:kentarosu:20170724220505j:plain

 

写真ではお祭りの盛り上がりが伝わらないので、、、、

 

ちゃんと動画もお見せします!!


草津温泉 白根神社のお祭りに行ってきた1

 


草津温泉 白根神社のお祭りに行ってきた2

 

 

また、上の写真のように暗くなってくると、湯畑もライトアップされ、さらに良い雰囲気に。

 

デートで行きましたが、若いカップルにもかなりオススメだな〜と身に染みて感じました。

 

 

ここは有名な写真スポット!

 f:id:kentarosu:20170724220603j:plain

こんな感じで撮ってみました。湯けむりが立っていて、あまり綺麗には写りませんでしたが、実際の雰囲気も伝わるような写真が撮れたので大満足!

 

こっちの写真たちはなかなかうまく撮れてますかね??笑

f:id:kentarosu:20170724220405j:plain

f:id:kentarosu:20170724220528j:plain

f:id:kentarosu:20170724220542j:plain 

f:id:kentarosu:20170724220433j:plain

湯畑の周りにはカップルや家族連れなど多くの観光客でごった返していましたが、やはりどの方もお宿の浴衣がこの景色に映えますね。

f:id:kentarosu:20170724220418j:plain

 

湯畑の周りでのお祭りを楽しんだあとは、素泊まりプランだったので帰り道の居酒屋に寄ることに。

浴衣で美味しいごはんを食べながら夏のビールを堪能して、気分も良くなったので宿に戻り、貸切風呂へ!やはり極楽館を選んでよかったな〜と心からそう感じました。

 

貸切風呂はこんな感じです!

入り口だけ!笑

f:id:kentarosu:20170724220754j:plain

  

すばらしいですね!!!!皆さんも是非極楽館を利用してみてください!

ただ、1日数組しか予約できませんので、行くならお早めにご予約をされたほうが良いと思います。

また、極楽館の1階はカフェ&バーになっていて、ここで朝食を取ることもできます。

和風な宿にこんなカフェが入っているのも珍しいですよね。

 

最後に、このお宿は日帰りの貸切風呂だけでも利用できますので、予約が取れなかった方は日帰り風呂だけでも是非行ってみてください!

 

 

【MAP】

f:id:kentarosu:20170724203633p:plain

Google マップ

 

草津温泉ポータルサイト

 

ロックハート

f:id:kentarosu:20170724220743j:plain

みなさんロックハート城を知っていますでしょうか??

ここはドラマのロケ地として有名な場所らしく、いつくものドラマで使われています。

 

私がここに行こうと思ったのは偶然ではなく、前もって調べていったからです。

他の場所は全然調べずに思いつきで立ち寄ったところばかりでしたが、草津温泉に行くならロックハート城は外せないと思いました。ましてやデートで行ったので、なおさらです。

インターネットでるるぶを見ていたら、人気ランキングのトップに輝いたこともあるそうで、立地としてはかなり悪いですがそれ以上に素晴らしいスポットなのだろうと思ったのです。また、ヨーロッパのお城をそのまま移築しているので、建物自体も本物というわけです。

 

旅行2日目に草津温泉でお土産を買って、いざ出発!

カーナビにロックハート城を設定し、車を走らせました。

 

あれ??こんなところに人気スポットが本当にあるの??

 

そんな景色の中を進んで行くと、ちゃんとあるではありませんか!

当たり前ですけど。

 

入り口はこんな感じで、テーマパーク!という感じがしてきます。

f:id:kentarosu:20170724220600j:plain 

チケットを購入して中に入ってみると、、、有名人のサインがたくさん!

f:id:kentarosu:20170724220555j:plain

サインを展示するためだけの建物までありました。

 

これだけの人がきているのだから、この奥には相当すばらしいものが待っているのだろう!と気分も高まってきます。

 

奥に進むといきなりヨーロッパな感じの町並みが出てきます。

f:id:kentarosu:20170724220634j:plain

f:id:kentarosu:20170724220815j:plain

私は実際にヨーロッパは15カ国ほど訪れたことがあるので、その時の感覚が呼び覚まされるようでした。

 

幸せの鐘がある塔の上からの景色はこんな感じです。

f:id:kentarosu:20170724220655j:plain

 

このテーマパークで一番有名な、実際に移築したヨーロッパのお城に到着。

ドレスやタキシード姿をした観光客がたくさんいました。

どうもレンタルすることができるみたいで、欧風な衣装に包まれながらお城の前で写真撮影するのが人気とのことでした。

記念撮影だけではなくて、実際にここで結婚式を挙げることもできるそうです。

かなりロマンティックですね。

こんな感じで教会もあります!👇

f:id:kentarosu:20170724220813j:plain

 

私が行ったのがちょうどお昼時だったのでお腹もそこそこ空いてきたところで、園内にあるレストランへ行くことに。

レストランの中もヨーロッパを彷彿とされる雰囲気があり、しっかりとした世界観が作られていました。

外はこんな感じの建物です!

f:id:kentarosu:20170724220806j:plain

 

メニューはいくつかありましたが、ちょうど大河ドラマが流行っていたので真田丸をモチーフにした料理を注文。

f:id:kentarosu:20170724220746j:plain

味は美味しいのですが、少しレトルト感がしたのは私だけでしょうか。。

レストランのメニューもディズニーランドやシーのようにとはいきませんがそれに近いほど本格的にやっても良いのではないかと感じました。。

少しもったいないなと思いましたが、雰囲気がよかったので問題ありません!!!

 

お腹もいっぱいになったので、移築したお城の中に入ることに。

そう、中にも入れるんです!

中は展示ルームのようになっていて、ソファーや椅子も本物?っぽくて、その上座ってゆっくりすることもできます。

 

なんだかんだで3、4時間ほど滞在しました。

高速道路のインターチェンジから結構離れているので、少し早めに切り上げるくらいがちょうど良いと思います。

 

私は高速のインターへは向かわず、またまた草津温泉に向かいました。。

 

なぜかというと、前日に宿泊した「極楽館」で日帰り入浴をするためです!

園内を歩いて汗をかいたので、せっかくだからということで草津温泉へ戻りました!

 

ロックハート城情報】

営業時間:9:00〜17:00

休園日 :年中無休

入場料金

  大人 中学生・高校生 4才〜小学生
入場料 1000円 800円 500円

下記のクーポンを印刷して持っていくと、上記料金から10%オフになりますので、是非ご活用ください!

ロックハート城|入場料金・割引クーポン

 

【MAP】

f:id:kentarosu:20170724203429p:plain

〒377-0702 群馬県吾妻郡高山村中山5583−1

Google マップ

 

ロックハート城|国内観光スポットランキング1位(旅行・レジャー総合サイトるるぶ.com)

 

草津温泉 日帰り入浴

さて、ロックハート城を出て草津温泉に戻ってきました。

 

実際のところは、ロックハート城付近で日帰り入浴を探していたのですが、料金や本格さで考えたところ、それらしい温泉がなかったので、なくなく戻ったというところでしょうか。。

 

また、日帰り入浴で調べてみると、宿泊者がチェックインして入浴を始めるような時間帯には日帰り入浴は終わっていることがほとんどでした。

料金的にも草津温泉は良心的で、湯質も間違いないので、日帰り入浴だけ!という人にもおすすめです。

ただ、一応電話で問い合わせてからいくと良いでしょう。団体のお客さんなどが入っているときは断られることもあるみたいです。そりゃそうですよね!

 

さて、最後に極楽館の日帰り入浴の情報だけ載せて終わりにしたいと思います。

 

【極楽館 日帰り入浴情報】

入浴時間 10:00〜
入浴料 1000円/人

 

【MAP】

f:id:kentarosu:20170724203633p:plain

Google マップ

 

草津温泉 源泉大日の湯 極楽館

 

最後に

いかがでしたでしょうか??

夏の草津温泉軽井沢旅行に興味を持っていただけましたでしょうか?

 

海外旅行ばかりしてきた私にとって初めてと言っていい本格的な国内温泉旅行でしたが、日本も捨てたもんじゃないな!と改めて思う旅行になりました。

日本のよさは、ゆっくりくつろげることにあるのかもしれません。

昼間に観光して疲れた体を夜温泉でゆっくりと癒すことができるのは日本だけです!

またいきたいな〜と思って、今夏にもまた行こうと計画をしているところです。

極楽館は前述したように数組しか宿泊することができないので、みなさんに取られないように早めに決めて予約しようと思います!!!!

 

また、最後まで読んでいただきありがとうございます!

次の記事は、先月行ってきた石川県の砂浜をドライブできる千里浜海岸をご紹介したいと思います!海外の記事は今書いていますので、もうしばらくお待ちください。。。

f:id:kentarosu:20170418000643p:plain 

 

【厳選】食い倒れの町 大阪の人気グルメを1日で制覇

f:id:kentarosu:20170703230630j:image

 

 

今回は何を紹介してくれるの〜???

先週京都・大阪旅行に行ってきたから、今回は大阪のグルメについて紹介するよ!

わー!大阪と言えばくいだおれの町だから是非聞いてみたい!できれば一日で回れる様なお店をいくつか教えて欲しいな〜

わかったよ!1日目はユニバだったから、大阪のグルメは一日で回ってきたからちょうどいい!あと、大阪出身の知り合いに聞いて行ったからかなりオススメできるよ!

それは楽しみ!はやくはやく!

 

大阪旅行でのメインの1つとなるのは何と言ってもグルメであることは言うまでもありません!

 

食い倒れの町ですのでグルメを楽しみの中心に置く人が多いと思いますが、他にもユニバや大阪城海遊館、梅田やアメリカ村、心斎橋でのショッピングとやりたいことは他にもたくさんあると思います。
そんな中で、グルメを楽しむにはどこのお店へ行けばいいのでしょうか!

そこで、大阪出身の知り合いにオススメのお店を聞いて、1日で回ってきましたのでご紹介したいと思います!

ご紹介といっても単にお店の名前だけだとつまらないので、いくつも店舗を構えるお店の中でもどのお店に行ったらいいのかご紹介していきたいと思います。

 


まずは串カツ!
串カツと言えば「だるま」と言うお店が有名ですが、定番中の定番すぎるのでせっかくだったら他のお店に行った方がいいとのこと。
大阪出身の知り合いのオススメは「串カツじゃんじゃん」と「横綱」!

 

串カツ横綱別館

f:id:kentarosu:20170703231339j:image

大阪の串カツ屋として有名な横綱

だるまほど有名かといえばそうではないかもしれませんが、通天閣がある串カツの激戦区である新世界では有名なお店です。
おそらく上の店外写真を見れば、あっ!見たことある!と言う人も多いと思います。
この横綱ですが、本館と別館合わせると3店舗あります。全部同じ場所にありますが、やはり本館が人気でいつも団体客や観光客でごった返しています。
オススメは横綱の別館です!
別館でしたら大体空いていて、同じ味が楽しめるので、待ちたくない!と言う人は別館に行って見てください。

では、味はどうなの?
ソースは癖のないスタンダードな印象で、串カツの種類もスタンダードなものが多い印象です。

f:id:kentarosu:20170703231424j:image
全国から来る観光客としてみれば、まずはこの味を試してみるといいでしょう。
また、このお店は串カツ以外もかなりしっかりした味で、幅広く楽しむことができるのも特徴です。
串カツ以外のオススメとしては、「どて焼き」「豚ぺい焼き」です!

f:id:kentarosu:20170703231605j:image
名古屋のどて煮ほど赤味噌が強くなく、その癖お肉自体に味がしっかりと染み込んでいて、感動の一品です。

www.4527.jp

 

串カツじゃんじゃん

私が行ったのは、大阪の通天閣がある新世界にある店舗です。

(店舗の写真を撮り忘れてしまいました、、、)


味は、ソースが横綱に比べて甘い印象で何本も食べたい!なんて人にとってみると少しくどい感じがしました。

f:id:kentarosu:20170703231824j:image
ただ、せっかく大阪まで来たんだからスタンダードな串カツだけでなく少し変わった串カツも食べたいよ!という人にはオススメです。


まずは、アイスクリームの串カツ!

 f:id:kentarosu:20170704090415j:image

アイスクリームに粉をつけてあげたもので、外はアツアツ、中はひんやりとしてとても不思議な感覚ですが、意外にもパン粉とバニラアイスクリームの甘さが合って美味しかったです。

また、私は怖くて食べれませんでしたがワニの串カツなど変わり種がいくつかあったので、ぜひお試しください!

www.kushikatu-janjan.com

 

たこ焼きわなか

f:id:kentarosu:20170703231955j:image

お次はたこ焼き!
串カツといえば新世界でしたが、たこ焼きといえば難波、道頓堀です!


たこ焼きの激戦区、難波にある有名なお店が「わなか」で、大阪出身の知り合いが一番のオススメということで行って来ました。

場所はなんば花月の横にある千日前本店です。

 

そこで私が食べたのが、4種類の味を2つずつ楽しめる「おおいりたこ焼き」です。

f:id:kentarosu:20170703231909j:image

味は、ねぎ塩、しょうゆかつお、ソース、期間限定の4種類です。
先週行った時は、期間限定の味がゆずおろし大根のようなさっぱりとした味でした。
値段も8個入りで500円とかなりリーズナブルで、さすが本場!と感動しました。

takoyaki-wanaka.com

 

お好み焼きぼてぢゅう

f:id:kentarosu:20170703232047j:image

お次は、夜ご飯に最適なお好み焼き!
お好み焼きが有名なお店はいくつもあるそうですが、大阪出身の知り合いいわく、「ぼてぢゅう」が地元の人には愛されているとのこと。

本店は難波にあってその本店に行って来ましたが、確かに関西弁のサラリーマンがたくさんいました。

 

食い倒れの町で1日で食べ尽くしすぎてお腹がパンパンの状態でしたが、モダン焼きと明太ポテトチーズ玉の2品とビールをいただきました。

f:id:kentarosu:20170703232248j:image

f:id:kentarosu:20170703232320j:image

サイズとしては、思ったより大きくなく一人一枚はいける大きさでした。

注文すると店員さんが焼いて持って来てくれて、それを冷まさないようにテーブルについている鉄板の上で温めながら食べるスタイル。

モダン焼きには焼きそばの麺が入っていて、思った以上にお腹にきたので、次に注文した明太ポテトチーズ玉を半分残してしまいました。。無理して食べ切ろうと思いましたが、無理を承知で店員さんに持ち帰りを依頼してみると、笑顔で店員さんが当然のようにパックに詰めて、割り箸とお手拭きと一緒に専用の紙袋に入れて渡してくれました。

f:id:kentarosu:20170703232130j:image
どうやら、ぼてぢゅうはお持ち帰りもできるみたいです。

f:id:kentarosu:20170703232210j:image
宿に帰って、小腹が空いたら食べれるので夜にお好み焼きはオススメだなと改めて思いました。

www.osaka-botejyu.com

 

豚まん551蓬莱

f:id:kentarosu:20170703232434j:image

食べ歩きにオススメの有名豚まん!
人気店ですので店舗はいたるところにありますが、中でもオススメというのが天王寺駅にあるお店だということで、わざわざ行ってきました!
場所は、JR天王寺駅の入り口にあります。あべのハルカスの展望台がある2階からJR天王寺駅方面に歩いて陸橋を降りたところです。

店舗は行列ができており、聞いた通り大変人気のお店のようです。

豚まんだけでなく小籠包や冷やし中華、ラーメンなど中華料理のメニューがいくつかありましたが、ここは一番人気の豚まんをテイクアウト。

f:id:kentarosu:20170704090339j:image

f:id:kentarosu:20170703232507j:image
その場で食べます!と言えば1個から買うことができます。値段は170円とかなりお値打ち。
また、お土産ように持ち帰るなら、2個入りから注文ができるみたいです。温かい状態で箱詰めされるので、日持ちは常温で1日、冷蔵保存で2日とのことです。

 

このお店ではテイクアウトで食べ歩きができる他、横でアイスバーも売っているので甘いものが食べたい!という人にもオススメです。

f:id:kentarosu:20170703232703j:image

f:id:kentarosu:20170703232548j:image
アイスバーは、昔懐かしい甘いアイスの中に果実がゴロゴロと入っていて本当に美味しかったです。しろくまアイス?のような感じでした。

このためだけに天王寺までわざわざ行くのは私だけかもしれませんが、あべのハルカスへ行くよ!という方はぜひ立ち寄ってみてください!
また、私は通天閣がある動物園前の駅から歩きましたが、10分くらいで歩けちゃいますのでぜひ行ってみてください!わざわざ足を運ぶ価値ありです。

www.551horai.co.jp

 

最後に

今回の記事は、先週ユニバついでに2日目に大阪に食べ歩き旅行をした時に実際に行ったお店を紹介しました!
行く前に大阪出身の知り合いにオススメのお店を聞き出していたので、せっかくなので全部行こう!ということで一日で食い倒れをしてきました。
みなさんもぜひ行ってみてください!
ちなみに私は、1日目ユニバの後大阪に泊まって、2日目は京都にホテルを押さえていたので大阪で食い倒れして、よしもとのなんば花月で漫才三昧を観て、その後22時くらいに京都に向かいました。

f:id:kentarosu:20170703232740j:image

f:id:kentarosu:20170703232818j:image
ハードな大阪旅行でしたが、1日でも十分楽しめました!

台北の歩き方 〜女性に大人気の台湾を紹介!〜

f:id:kentarosu:20170522203642j:plain

 

 

 今回は若い女性に人気の台湾のご紹介です!

 台湾は親日国とされており、今では日本人にとっても馴染みやすい国です。

 ちなみに、筆者はもう4回台湾に訪れています!めちゃくちゃいい国ですよ!

 

 場所はみなさんご存知の通り、沖縄の南に位置しています。日本からは気軽に旅行に行ける場所としては韓国に次いで最適な場所だと思います。

 

 日本人の女性に人気の台湾ですが、何にそんなに惹かれるのでしょうか?

 立地が1つの理由となっていると思いますが、それだけではないので、そんな台湾観光を大解剖して見たいと思います!

 

  

台湾の基本情報

  • 国名:中華民国(台湾)
  • 国歌:中華民国国歌
  • 面積:約3万6000㎢
  • 人口:約2331万人
  • 首都:台北
  • 言語:中国語
  • 通貨:台湾元(現在1円=約3.7元)
  • プラグ:110V、日本と同じタイプのプラグ
  • ビザ:観光は不要
  • 時差:-1時間

 

台湾で人気のショッピング!

 台湾で何したい??という質問に対する答えの1つ「ショッピング」!

 

 でもショッピングといえば、、、韓国!

 普通そうですよね。

 

 筆者もそう思ってました。

 

 他のページでソウルも紹介していますが、 確かにショッピングといえば韓国なんです。

 

 しかし、台湾もショッピング天国なんです!

 

 

夜市でショッピング?

 台湾といえば夜市!

 みなさんは台湾の夜はどのように過ごそうとお考えでしょうか?

 やはり、台湾に来たのだから夜市は外せません!

 そんな夜市で何ができるのかというと、「グルメ」と「ショッピング」です。

 夜市でのショッピングはとても安上がりですが、偽物も売っています。。偽物が欲しい!という人にはいいかもしれませんが、ちゃんとした品を買いたい人はここでは「グルメ」を楽しみましょう!

 

台北101でショッピング

 台北101はおそらく台湾旅行に行った人は必ず行く場所です。観光スポットの定番中の定番です。観光名所でもある台湾101のショッピングモールはかなりデカイんです。

 たくさんのブランドショップやファストファッション店が並んでいますが、そんな中でも日本未到来ブランド「Massimo dutti」がおすすめです。

f:id:kentarosu:20170522203719j:plain

f:id:kentarosu:20170522204127j:plain

f:id:kentarosu:20170516211422j:image

 Massimo duttiはスペイン発のファッションブランドで、世界で人気のZARAのアッパーブランドです。

 みなさん聞いたことないですよね??

 日本にないので知らない人は多いと思いますが、海外では知名度は高くいろんな国で販売されています。

 ヨーロッパを始めアメリカや香港や東南アジアなどに展開しており、日本にないだけ、と言っても過言ではないほどです。

  もちろん台湾にはあります!こういった日本未到来ブランドを購入することができます。

 台湾に行ったら是非寄ってみたいですね!

 

台北の原宿「西門町」でショッピング

 台湾でのショッピングというばここ「西門町」!

 日本でいうと「原宿」的な存在で、最新のグルメやファッションが集まっています。あそのため、若者が集う町でもあり、デートをしている台湾人もよく見かけます。カップルで行った際には押さえておきたいスポットです。

 ファッションに敏感で新しい物や流行りのものが大好きな日本の女性にも大人気のスポットですので、台北旅行の際は是非行って見てください!

f:id:kentarosu:20170522205536j:plain

f:id:kentarosu:20170522205551j:plain

 

 

台湾で人気のグルメ!

 台湾のグルメがとっても人気!台湾は中華人民共和国の一部かそうでないかといった議論は絶えませんが、やはり元々は中華人民共和国のひとつでした。そのため、中華料理がメインになりますので味は確かです。

 また、台湾では夜市で独特な食べ物も食べることができます。

 

臭豆腐

 これは人気かと言われれば、人気ではないと答えるのが正解でしょうか。

 夜市を歩いていると、途端に臭いにおいが漂ってくるポイントがあります。台湾のにおいと言ってもいいと思いますが、それが臭豆腐の臭いなんです!

 台湾にある日本でおなじみのセブンイレブンファミリーマートなどのコンビニも、入った瞬間変な臭いがします。これも臭豆腐です。

  しかし!こんな臭豆腐ですが、実はおいしいんです!

 

 

。。。

  

 

ごめんなさい。嘘です。

 

f:id:kentarosu:20170516211540j:image

 

 申し訳ないですが不味すぎて食べきれなかったです。終電のせいでもありますが。。

  

 というのは言い訳ですが、私が臭豆腐を食べた台湾で一番有名な士林夜市は夜中までやっています。基本的には台北の中心街に宿泊する人が多いと思います。しかし、市街地までの電車の終電は0時頃ですので、ほとんどの人はその時間までしか遊べません。まあ十分ですよね!

 

鼎泰豊(ディン・タイ・フォン)

 このお店は新宿の高島屋にも入っている、大変有名なお店です。本店は、MRT「東門駅」の目の前にあります。

f:id:kentarosu:20170522203925j:plain

f:id:kentarosu:20170522204108j:plain

 台湾で何食べたらいい??という質問に対して必ず返ってくる答えの一つが「鼎泰豊」です。

 本店は3階まであり、中華料理の円卓で食べることができます。ここで絶対に食べておきたいのが「小籠包」。これを食べなきゃ何しに行ったかわかりませんよ!

f:id:kentarosu:20170522204046j:plain

f:id:kentarosu:20170522204023j:plain

 また、鼎泰豊のお店は台北101の地下にも入っています。毎日毎日いつ行っても大行列で整理券をもらっても全然入れません。台北101店でのおすすすめは、テイクアウトをしてフードコートで食べるのがいいと思います。テイクアウトでしたら、店頭でメニューを選んで整理券をもらい、あとはショッピングをして待つことができますし、出てくるのも早いです。

f:id:kentarosu:20170522211519j:plain

 

台北101のフードコート

 台湾まで行ってフードコート?!

 と思った方!

 台北101の地下にあるフードコートはなかなかでベルが高いですよ!日本のイオンみたいなフードコートとは全然違います!けええこう本格的な台湾料理から最新のデザートまで食べることができちゃいます。

 モスバーガーやケンタッキーもありますが、間違っても行かない様に!もったいないですよ。美味しいものはたくさんあります!

f:id:kentarosu:20170522203808j:plain

f:id:kentarosu:20170522211152j:plain

 

フルーツやスイーツ天国! 

 台湾は南国ですので、何と言っても果物が美味しい!

 もう今の時期ですと30度は悠に超えていますので、マンゴーシェイクやスムージーなどが最高に美味しいですね!

 また、最近では変わったスイーツがブームを起こしています。インスタグラムやツイッタなどのSNSでアップしたい!という女子のためのスイーツと言っても過言ではないほど見た目がかわいいスイーツになっています。

matome.naver.jp

www.travelbook.co.jp

 

 

主な観光地までのアクセス

 各観光地へのアクセスについてですが、基本的にどこに宿泊するのか、どのコースで周るのかによって方法が変わってくると思いますが、ここでは最寄りの駅などを紹介することにしたいと思います。

 

台北

 台湾国鉄台北駅ビルであり、台北市街地の中心地といえばここ。

 MRT淡水線、板南線が地下通路で繋がっています。MRTの淡水線と板南線は台北南北線東西線といっても良いと思います。南北と東西を走る電車が交差するのが台北駅です。 

 西門や士政府、忠考復興、士林や中山といった主な観光地に乗り換えなしで行けますので、観光の拠点になること間違いなしです。

f:id:kentarosu:20170522203813j:plain

 

●北門

  ここは台北駅から歩いて数分のところにありますので、もちろん最寄り駅は台北駅です!台北駅観光のついでに行きましょう!

 

●TAIPEI 101

 ここは言わずと知れた台北のシンボル。台北旅行に行ってここに行かない人はいません!高さは508mで、過去には世界一高いビルとされていました。何階立てかはわかると思いますが、一般の人が行ける展望台は89階にあります。89階と言うともはやピンとこないかもしれませんが、東京にはそんなビルはありません。また、台北の中心地にありますので、台北を全部見れちゃいます。

 低層階にはショッピングモールがあり、地下にはフードコートやスーパーがあり、ここだけで1日楽しめてしまいます。が、もっと他のところも行かないと行けないので、時計はちゃんと見ましょう!

f:id:kentarosu:20170522204144j:plain

f:id:kentarosu:20170522204202j:plain

 <展望台>

営業時間 9:00~22:00(入場は21:15まで)
休み 年中無休
料金 450元
最寄り駅 MRT板南線「市政府駅」から徒歩10分
駅から無料シャトルバス有り(11:00~21:00)
その他アクセス いる場所にもよりますが、駅から少し離れているので現在地からタクシーを使うのも有り

※チケットセンターは5階

 

台湾総統府

 台湾総統府は、日本統治時の1919年に建設されました。赤レンガ作りが特徴的で、どこか東京駅を彷彿とさせます。第二次世界大戦の時に爆発で内部が全焼しましたが、その後修復されています。

f:id:kentarosu:20170522210240j:plain

営業時間(見学) 9:00~12:00
休み 土曜日、日曜日
見学料金 無料
最寄り駅 MRT板南線「西門駅」から徒歩数分
 
●二八八和平公園

 ここは、総統府と同じく、日本統治時代に造られました。造りは洋風で、天気の良い日には良いお散歩コースにもなります。このためだけに行くのはな〜という人は、ついでに台北賓館や国立台湾博物館に行ってみると良いでしょう。

最寄り駅 MRT淡水線「台大醫院駅」すぐそば

 

●国立台湾博物館

  この国立台湾博物館は、二二八和平公園の中にあります。建物はギリシア風で、洋風造りの公園に合う建物になっています。ヨーロッパに行った様な気持ちにさせてくれますので、お散歩がてらに行ってみてください!外から見るだけでも十分楽しめます。

営業時間 10:00~17:00(入場は16:30まで)
休み 基本月曜日
入場料 20元
最寄り駅 MRT淡水線「台大醫院駅」からすぐ


www.taipeinavi.com

 

中正紀念堂

 この建物は、みなさんが歴史の教科書で習った中国国民党政府の蒋介石を記念して建てられました。真っ白な大きな門が特徴的です。その白さと大きさに圧倒されると思います。また、蒋介石の大きな銅像もありますので、観光客の方々はよくそこで記念写真を撮っています。

f:id:kentarosu:20170522204257j:plain

f:id:kentarosu:20170522204249j:plain

f:id:kentarosu:20170522205907j:plain

 

営業時間 9:00~18:00
休み 旧正月のみ
入場料 無料
最寄り駅 MRT淡水線「中正紀念堂駅」すぐそば

 

●郵政博物館
営業時間 9:00~17:00
休み 月曜日
入場料 5元
最寄り駅 MRT淡水線「中正紀念堂駅」から徒歩数分

 

●西門町

 ここは、ショッピングのご紹介のところで書きましたが、日本でいう「原宿」的存在です。若者の旅行でしたら、ここは絶対に外せません!

f:id:kentarosu:20170522205926j:plain

f:id:kentarosu:20170522210042j:plain

最寄り駅 MRT板南線「西門駅」すぐ

 

龍山寺

 龍山寺は、台湾最古の仏教寺院です。1738年に建てられました。本殿などはかなり派手で綺麗です。

 寺院の敷地内では、お線香を炊いている観光客や地元の方が見受けられます。

 また、ここは女性に人気のスポットなんです!

 なぜだと思いますか???

 

 そう、ここは恋愛成就のスポットとして人気なんです!

 私は男2人で行きましたが。。。

 寺院の中は夜でも大勢の人が訪れますので、一日中活気に溢れています。

 周辺は行ってみるとわかると思いますが、少し治安が悪そうです。スリや置き引きが多発しているスポットでもありますので、寺院に見とれてばかりではなく、身の回りの物の管理もしっかりとするようにしましょう!

f:id:kentarosu:20170522205730j:plain

営業時間 6:00~22:20
休み 年中無休
入場料 無料
最寄り駅 MRT板南線「龍山寺駅」から徒歩数分

 

●頂好

 ここもショッピングやグルメが犇めき合エリアになります。もちろんトレンドにも敏感なエリアですので、是非行ってほしい場所です!

 ただ、「西門町」が日本の原宿なら、ここ「頂好」は表参道といったところでしょうか。ファストファッションが多い西門町とは対照的に、ハイブランドショップや高級レストランが多数存在しています。また、日本でいう百貨店もたくさんあります。セレブ向けの雰囲気が漂うエリアという感じを受ける場所になります。(そんなことはないかもしれませんが、、、筆者はそう感じました!)

最寄り駅 MRT板南線「忠考復興駅」または「忠考敦化駅」すぐ

 

●市政府

 この周辺は近代的な雰囲気を漂わせるオフィス街です。中の見学もできますので、是非してみてください!

営業時間 9:00~17:00
休み

月曜日と祝日

入場料 無料
最寄り駅 MRT板南線「市政府駅」から徒歩数分

 

●饒河街観光夜市(ラオファージエグァングァンイエシー)

 この夜市はそんなに有名ではない?かもしれませんが、市林夜市に比べてもっと台湾っぽさ?を感じられると思います。言い方は悪いかもしれませんが、狭い敷地に屋台がひしめき合っており、ゴミも結構散乱していたり、臭かったり。。。

 これぞアジア!という雰囲気を感じられますので、筆者は大好きな場所です!

 ただ、屋台の食べ物は日本人にとっては少し衛生的によくないと思いますので、火のよく通ったものを食べる様にしましょう。また、屋台ではゲテモノみたいなのもたくさんあります。是非挑戦してみては???

f:id:kentarosu:20170522204145j:plain

f:id:kentarosu:20170522203903j:plain

f:id:kentarosu:20170522203858j:plain

f:id:kentarosu:20170522203715j:plain

最寄り駅 台湾国鉄松山駅」から徒歩数分
各地からタクシーがおすすめ

 

●大安森林公園

 ここは、とにかく大きな緑地公園です。場所は忠考復興の隣の駅にあります。野外ステージもあり、たまにイベントも行われています。

 都会のど真ん中にあるので、連日多くの人が訪れています。

 おすすめとしては、大安森林公園を散歩して、忠考復興方面に歩いて行き、お昼は鼎泰豊の本店で食べるというコースをおすすめします!公園を散歩していると程よくお腹が空きますので、お腹いっぱいおいしい料理が食べられます!

f:id:kentarosu:20170522204123j:plain

最寄り駅 MRT文湖線「大安駅」から徒歩数分

 

士林夜市

 ここは言わずと知れた、台湾で最大の夜市です。連日たくさんの若者が集まります。ファストファッションのお店や屋台のグルメなど、1晩を費やすのには適したスポットです。

 ただ、とにかく規模が大きく自分が今どこにいるのかわからなくなります。まさに迷路です。みなさんは終電までにしっかり駅まで行けるようにしましょう!

f:id:kentarosu:20170522205131j:plain

f:id:kentarosu:20170522204217j:plain

f:id:kentarosu:20170522204231j:plain

最寄り駅 MRT淡水線「劍潭駅」から徒歩数分

www.tabitabi-taipei.com

 

●国立故宮博物院

 ここも台北観光では絶対に外せない場所です。

 世界三大博物館の一つとして知られています。

 ちなみに、世界三大博物館とされているのは、イギリスの「大英博物館」、ロシアの「エルミタージュ博物館」、そして台湾の「国立故宮博物院」の3つです。

 この顔ぶれの中に入っているんですよ!?すごくないですか?!

 絶対外せませんよね。

 アジア、中国の歴史がここにギュッと入っています。全部見るのには丸1日では足りないほど大きいですので、どこを見たいのかをあらかじめ決めて行った方がいいかもしれません。あまり興味がなくてもフラフラしているだけでも十分に楽しめますが、せっかく三大博物館に行くのであれば下調べをしておくと良いでしょう。

f:id:kentarosu:20170522212304j:plain

f:id:kentarosu:20170522212037j:plain

f:id:kentarosu:20170522212029j:plain

f:id:kentarosu:20170522212039j:plain

 

f:id:kentarosu:20170522212012j:plain

f:id:kentarosu:20170522211752j:plain

営業時間 【日、月、火、水、木曜日】8:30~18:30
【金、土曜日】8:30~21:00
休み 年中無休
入場料 160元
最寄り駅 MRT淡水線「士林駅」から路線バス
小18,小19,紅30,255,304の路線バスを利用
士林駅バス停〜国立故宮博物院バス停:15元
士林駅〜国立故宮博物院までタクシー:約100元

 

 

九份

 ここは若い女性に人気の場所ですね!みなさんご存知ですよね!

 九份と書いて「きゅうふん」と読みます。

 有名なジブリ映画「千と千尋の神隠し」の舞台となった場所です。

 アクセスが少し悪いですが、行く価値ありです。夕方くらいに行くと綺麗な夜景が見れるので、おすすめです!

 ちなみにここも狭い上に人が多すぎるスポットですので、スリには細心の注意を!

f:id:kentarosu:20170522210834j:plain

f:id:kentarosu:20170522210848j:plain

f:id:kentarosu:20170522210908j:plain

f:id:kentarosu:20170522210928j:plain

f:id:kentarosu:20170522210946j:plain

f:id:kentarosu:20170522210956j:plain

f:id:kentarosu:20170522211104j:plain

f:id:kentarosu:20170522211115j:plain

f:id:kentarosu:20170522211130j:plain

最寄り駅 台湾国鉄で「台北駅」から「瑞芳駅」まで(約40分,76元)
瑞芳駅にて「金瓜石」行きのバスに乗り換えて九份まで(約20分,15元)

 

MRTの乗り方

  MRTとは、台湾の地下鉄のことです。台湾国鉄とは違い、市街地を中心とした都市鉄道です。

 f:id:kentarosu:20170522213448j:image

 下の写真にある自動券売機で乗車券を購入します。

f:id:kentarosu:20170522212814j:plain

 乗車券といっても、出てくるのはICチップ搭載のプラスチック製コインです。東南アジアではMRTという都市鉄道が走っていることがありますが、大体こうしたプラスチック製のコインが乗車券であることが多いですね。

f:id:kentarosu:20170522212909j:plain

 このコインを自動改札機にタッチして入場し、出るときにはこのコインを自動改札機に入れて退場します。ポイントは、入るときはタッチ、出るときは入れる、ということです。乗車券のシステム以外は基本的には日本と変わりませんので問題なく乗ることができると思います。

 

おすすめの予約サイト

 台北に行く際のおすすめの予約サイトは、定番中の定番「HIS」JTB」です!

 え!?もっと他にないの?と思うかもしれませんが、台北でしたら距離的にも値段的にも「航空券と宿、空港送迎」がセットになったパッケージを選択することをおすすめします。

 もっと距離が離れた場所でしたら、航空券とホテルを別で予約した方が安くなりますが、台湾だったらパッケージの方が安い場合が多いです。理由は、航空券の単品が高いんです。韓国のソウルやもっと遠い場所でしたら、航空券単品の方が安くなりますが、なぜか台湾は航空券が高い!

 ですので、HISやJTBのパッケージで探してみてください!いい商品が見つかると思います。

e.his-j.com

www.jtb.co.jp

 

最後に

 どうでしたでしょうか?

 台湾行くよ!行きたい!という方は是非このブログを参考に行っていただけると嬉しいです。

 冒頭にも書きましたが、台湾は親日国と言われています。たしかに行ってみるとみんな優しいし、日本語で喋ってくれたりします。是非中国語の挨拶なども少しだけでも覚えて喋ってみてください。きっと仲良くなれるはずです。

 また、旧正月には注意をしてください!ほとんどの施設がお休みをしてますので。。。

 

 次回は今回に引き続き、女性に大人気のタイを書きたいと思います!

 

【国内】感動の大自然 上高地へ行こう!

f:id:kentarosu:20170521145903j:image

 

 上高地(かみこうち)は、岐阜県と長野県の県境に位置している日本でも有数の観光地です。

 

 みなさんは知ってますでしょうか??

 

 上の写真にあるように、この時期は山々に囲まれた上高地ではきれいな雪解け水が川を流れ、雪化粧をした山を見ることができるので、非常に人気のスポットとなっています。

 f:id:kentarosu:20170522030651j:image

 特に、今では外国人観光客の方々も多く足を運ぶスポットであり、季節によって異なる景色を見ることができるため老若男女問わず何度も足を運ぶ方もいらっしゃいます。

 

 この上高地国道158号線から逸れた場所に位置しており、158号線から上高地方面に行く道は2017年は4月17日から11月15日までの開通となります。ですので、一年中行くことのできるスポットとは違い、休みに合わせてたくさんの旅行者が足を運びます。

 

 

上高地の基本情報

  • 場所:岐阜県と長野県との県境(長野県)
  • 行ける時期:4月17日〜11月15日(2017年の予定)
  • マイカー規制:国道158号線から逸れる「釜トンネル」より先はマイカーは入れない
  • アクセス:路線バス、タクシー 

 

上高地で人気のスイーツ!

 上高地は位置的に物資を簡単に運ぶことができないため、様々なものの値段もそれなりにしますが様々な人気の食べ物があるんです!

 

  •  カレーパン!

 カレーパンは、上高地バスターミナルの建物に入っている売店で売ってます!

 普通のカレーパンなら揚げパンの中にカレーが入っているだけですが、、、ここのカレーパンにはカレーに加えて半熟卵が入っています。

 大自然の中で、半熟卵カレーパンを是非召し上がってみてください!

[食べログ]アクセスが制限されています

 

  • ケーキ!

 上高地でケーキ?

 と思った方!

 上高地にはバスターミナルから川沿いを歩いて行くと五千尺ホテルがあり、その中にあるティーラウンジ「5HORN」のケーキが有名なんです。

 中でもレアチーズケーキが絶品ということですので、これを目当てに行く人もいるのではないでしょうか。

http://jaku.co.jp/restaurant/5horn/

 

上高地の絶景

<春の上高地

f:id:kentarosu:20170521151557j:image

 

<秋の上高地

 f:id:kentarosu:20170522030053j:image

f:id:kentarosu:20170522030130j:image

f:id:kentarosu:20170522030231j:image

f:id:kentarosu:20170522030302j:image

f:id:kentarosu:20170522030336j:image

f:id:kentarosu:20170522030423j:image

f:id:kentarosu:20170522030442j:image

f:id:kentarosu:20170522030736j:image

 

 上高地といえば上のような写真に代表される河川敷からみる「河童橋」の景色が有名です。ガイドブックなどにもよく掲載されています。 

 しかし、これは上高地のほんの一部分です。実際には「大正池」という池から歩いて河童橋まで行って、そこからさらに奥へと進んで自然を感じる人が多いです。これが定番のコースとなっています。

 

上高地へのアクセス

 上高地はマイカー規制がされていますので、車で行くことはできません。主な交通手段としては、路線バスを利用する方法とタクシーを利用する方法です。路線バスでは、長野県の松本からバスで行く方法と岐阜県平湯温泉からバスで行く方法と2通りになります。

 

〈路線バスで上高地へ行く〉

①長野県方面からアクセス

 松本駅アルピコ交通電車)▶︎新島々(アルピコ交通バス)▶︎上高地バスターミナル

岐阜県方面からアクセス

 高山駅(濃飛バス)▶︎平湯温泉バスターミナル(濃飛バス)▶︎上高地バスターミナル

 

●所要時間:松本〜上高地(約1時間半)、高山〜上高地(約1時間半)

 

〈マイカーで上高地へ行く〉

 マイカーで行く!という場合は、松本方面からですとさわんどバス停の近くにある駐車場に停めてバスに乗り換える必要があり、高山方面からですと平湯バスターミナルの近くにある「アカンダナ駐車場」に駐車してバスに乗り換える必要があります。

www.kamikochi.or.jp

①長野県方面からのアクセス

さわんどバス停(アルピコバス)▶︎上高地バスターミナル

岐阜県方面からのアクセス

平湯バスターミナル(濃飛バス)▶︎上高地バスターミナル

 

路線バスの料金

  片道
大人
片道
小人
往復
大人
往復
小人
高山駅〜上高地 2,600 1,300 5,040 2,520
富山駅上高地 2,800 1,400
アカンダナ・
平湯温泉上高地
1,160 580 2,050 1,030
高山駅〜大正池 2,460 1,240
アカンダナ・
平湯温泉大正池
890 450

※アカンダナ・平湯→大正池上高地→アカンダナ・平湯のセットの場合は、アカンダナ・平湯⇄上高地の往復切符を購入するのと料金が同じになります。

 

  片道
大人
片道
小人
往復
大人
往復
小人
松本駅上高地 2,450 1,330 4,550 2,280
さわんど〜上高地 1,250 630 2,500 1,250
松本駅大正池 2,450 1,330 4,550 2,280
さわんど〜大正池 1,250 630 2,500 1,250

 f:id:kentarosu:20170522142848j:image

(『るるぶ上高地'18』表2広告より)

 

定番のモデルコース

 上高地はアクセスの部分でご紹介しましたが、飛騨高山や松本から路線バスを利用するパターンと、「さわんど」または「平湯温泉」までマイカーで行って路線バスに乗り換えるパターンが主流となっています。いずれにしろ上高地へは路線バスを利用することになりますが、そのまま直接上高地バスターミナルへ行ってしまってはもったいないです!

 定番のモデルコースとしては、上高地行き路線バスで途中「大正池」のバス停で降りて、そこから大正池や森林の絶景をみながら河童橋に向かいます。そしてさらにその奥の明神池へと向かいます。これで大体2時間近く掛かりますが、帰りは上高地バスターミナルまで戻ったらそこから路線バスに乗ってさわんどや平湯温泉まで戻るというルートが主流です。

 上高地河童橋も綺麗ですが、何よりも大自然の中をゆっくり散策できるというのが上高地が人気の理由だと思います。

 

<モデルコース>

①路線バスの場合

(松本方面から)

松本駅(アルピコ電車)▶︎新島々(アルピコバス)▶︎大正池バス停で下車(徒歩)▶︎田代湿原▶︎田代橋▶︎河童橋▶︎明神池▶︎河童橋▶︎上高地バスターミナル(アルピコバス)▶︎新島々(アルピコ電車)▶︎松本駅

 

(高山方面から

高山駅(濃飛バス)▶︎平湯バスターミナル(濃飛バス)▶︎大正池バス停で下車(徒歩)▶︎田代湿原▶︎田代橋▶︎河童橋▶︎明神池▶︎河童橋▶︎上高地バスターミナル(濃飛バス)▶︎平湯バスターミナル(濃飛バス)▶︎高山駅

 

②マイカーの場合

「さわんどバス停」または「アカンダナ駐車場バス停」(路線バス)▶︎大正池バス停で下車(徒歩)▶︎田代湿原▶︎田代橋▶︎河童橋▶︎明神池▶︎河童橋▶︎上高地バスターミナル(路線バス)▶︎「さわんどバス停」または「アカンダナ駐車場バス停」

 f:id:kentarosu:20170522030559j:image

※アカンダナ駐車場の駐車料金は1日600円

 

最後に

 上高地はもともとマイカーで行くことのできた場所ですが、排ガスによる環境汚染や自然破壊が進んでしまったため、マイカーでの入場を規制するに至りました。そのおかげで、今では元の自然の姿に戻っていますので、ありのままの自然を感じることができます。

 バスやタクシーでしか行けないからこその価値もあると思います。是非みなさんも行ってみてください!そして、みんなでマナーを守って上高地の自然を守っていきましょう! 

【雑談】飛騨高山で見つけた激ウマラーメン店2

f:id:kentarosu:20170521103702j:image

(岐阜県高山市本町通りにて撮影)

 

 以前ご紹介した、飛騨高山の激ウマラーメン店「麺屋 力」を超えるほどおいしいラーメン店を見つけました!

 

 場所は、岐阜県高山市の宮川沿いの本町通りにある「中華そば Mエム」です!

 

 このお店は飛騨高山で有名なフレンチレストラン「LE MIDI ル・ミディ」が経営するラーメン屋で、ル・ミディで人気のA5ランクの飛騨牛を使った高額ラーメンなど、ここでしか食べれないラーメンがあります。

 

 他にもメニューはたくさんありますが、中でもオススメなのは「つけ麺」と「油そば」です。

 

 つけ麺も油そばも、わりかしあっさりとしていますが味がとても濃くてしっかりとした本格ラーメンです。

 

 ル・ミディ本店で使われているブイヨンが入っているということで、非常にコクもあります。

 

 行ってみた感想としては、こんな味初めて食べる!と行った感じのラーメンで、味の濃いものが好きな方にとったらとにかくおいしいんです!

 ただ、しょうゆ味の高山ラーメンとは全然違いますので、高山ラーメンを食べたい!という人は違う店のがいいかもしれません。

 

 死ぬほどうまいつけめんがこれ!

f:id:kentarosu:20170521105214j:image

(エムのつけめん)

 

 是非飛騨高山に行った時には食べてみてください!

 

エム

飛騨高山 中華そば専門店 M エム 

 f:id:kentarosu:20170521110514j:image

 

LE MIDI

飛騨牛ステーキとハンバーグ専門店 RESTAURANT LE MIDI 〜レストラン ル・ミディ〜 [飛騨牛料理指定店]

 f:id:kentarosu:20170521110530j:image

f:id:kentarosu:20170521110554j:image

 

以前紹介した飛騨高山の「麺屋 力」

【雑談】飛騨高山で見つけた激ウマ料理店 - Viva La Trip 〜世界を旅しよう!〜

【雑談】今年はグアムが熱い!安い!?

f:id:kentarosu:20170520211002j:image

 

 みなさん、グアムに行きたくありませんか?

 グアムというと、ハワイと並び贅沢な旅行で高額だから行けないよ〜とお考えの方も多いのでは!

 実際、グアムはハワイと比べて距離も半分、料金も大幅に変わります。また、グアムに行けないからサイパンに行くかー、、と思う人もいるかもしれませんが、今はサイパンよりグアムの方が安いんですよ!!!

 

 私はこれまでハワイやグアムといったビーチリゾートに行ったことが全然ありません。

 せいぜい国内の沖縄くらい。。

 

 今年こそは海外のビーチリゾートに行こう!と思って、調べてみました。

 

 グアムは成田空港から行けば3万円くらい、セントレアからで4万円くらいが相場です。

 案外安いですよね?! 

 もちろんホテル込みです!

 グアムなどのビーチリゾートは、航空券とホテルを別々に取ると逆に高くなる場合が多いので注意を。

 

 調べてみた結果、JTBが一番安いのではないかと。

 JTB私的には高いイメージがあり、航空券のみの購入などではその力を発揮してくれません。

 が、ビーチリゾートの航空券とホテルのツアーには強いことが今回わかりました。

 みなさんも、是非JTBで調べてみてください!

 

成田等 東京発グアム旅行・ツアーは【JTB】海外ツアー!価格重視ツアー・人気ホテルを比較

 

 一年以内にはグアムのご紹介をあげられるよう頑張ります!