Viva La Trip 〜世界を旅しよう〜

国内外問わず旅行についての様々な情報を提供します。筆者は、現在社会人3年目となり、大学生時代には世界35カ国を旅してきました。現在では、アジアを中心に週末を利用して旅行をしています。是非活用してください!

最新!ソウルの歩き方

 f:id:kentarosu:20170509035242p:image

 

 

 4月に、旅行代理店「Surprice!」の5,000円クーポンを使用し、2回も韓国のソウルに行ってきました!

 韓国のソウルというば、日本から1時間〜2時間ほどで行くことができ、グルメにショッピングやカジノと楽しみがたくさんあります。

 現在ではLCCも日本国内各所から飛んでおり、格安で行くことができるようになったため、週末に韓国に行ってくる!なんてことは当たり前となってきました。

 今回はそんな韓国に行ってきたので、ご紹介したいと思います!(筆者は5回訪韓しています!)

 

 

韓国の基本情報

  • 正式名称 大韓民国
  • 国歌   愛国歌(エグッカ)
  • 面積   約9万9720㎢
  • 人口   約4977万人(2009年時点)
  • 首都   ソウル
  • 宗教   キリスト教徒約27%、仏教徒約24%、その他
  • 言語   公用語は韓国語で文字はハングル
  • 通貨   ウォン
  • ビザ   目的や滞在期間、パスポートの残存期間以外特に制約なし
  • 時差   日本との時差なし(サマータイムもなし)
  • プラグ  電圧は220vが主流で、プラグはA型またはC型が多い

 

ソウルのエリア

 ソウルは、いくつかのエリアの分けることができ、場所によってショッピングやグルメといったその地その地の色が分かれます。ですので、観光のルート作りなどの際には、どこのエリアで何をしたいのかを明確に分けて旅の行程を作ることをおすすめします。また、週末に行く場合には、時間が少ないことも多いと思いますので、どこにエリアに行くのかくらいは明確に決めておいた方が無難だと思います。

  • 南大門(ナンデムン)
  • ソウル駅 
  • 明洞(ミョンドン)
  • 景福宮キョンボックン)
  • 弘大(ホンデ)
  • 東大門(トンデムン)
  • 江南(カンナム)・COEX(コエックス)
  • 新沙(シンサ)
  • 梨泰院(イテウォン)

 

空港から市内までのアクセス

   まず、仁川国際空港からソウル駅までのアクセス方法は、リムジンバスや鉄道があり、ツアーの場合にはバスでの送迎がついていることも多いと思います。ここでは、送迎なしのパターンでご紹介したいと思います。

 送迎がない場合、基本的にはリムジンバスか鉄道での移動となります。空港からは、A'REXという空港鉄道がソウル駅まで運行しています。A'REXですが、仁川空港からノンストップでソウル駅まで行くことのできる直通列車と、各駅や主要駅に停車する普通列車と種類があります。空港から市内へアクセスする際には基本的には直通列車を使うことをおすすめします。

 ですが、復路に関して言えば、ソウル駅から乗車するのではなく、弘大(ホンデ)で遊んで帰りたい!という方もいらっしゃると思います。弘大(ホンデ)からも普通列車のA'REXが運行されておりますので、弘大からも乗り換えなしで仁川空港まで行くことができます。

 また、ソウル市内へアクセスが可能な空港は2箇所あります。1つ目は先ほどから出てきている「仁川国際空港」。2つ目は、市内から近い「金浦国際空港」。後者の金浦国際空港は、本当に市内から近くて便利ですが日本からは飛んでいる便は圧倒的に仁川の方が多いので、少し残念ではあります。筆者は、中部国際空港から金浦国際空港までチェジュ航空で往復したことがありますが、大変便利でした! 

 

各空港から市内への鉄道運賃

  直通列車 普通列車 所要時間
仁川空港〜
ソウル駅
W8000 W4550 直通:43分
一般:58分
仁川空港〜
弘大入口駅
W4050 W3850 49分
金浦空港
ソウル駅
W1550 21分
金浦空港
弘大入口駅
W1250 13分

 

 

ソウルと言えばショッピング!!

 ショッピングをするためにソウルへ行く!という人もいるほど人気があります!そんなソウルですので、ショッピングできるエリアはたくさんありますが、エリアごとに雰囲気が異なります。

 

明洞(ミョンドン)

 まずみなさんが思い浮かべるのは「明洞(ミョンドン)」だと思います。明洞は超定番の街で、ファストファッションを中心に若者向けのデパートや店舗などがあちこちに存在しています。流行(トレンド)をいち早く押さえられるのも、この明洞だと思います。 また、ファッションだけでなくコスメやエステ、グルメなど幅広く何でも揃うのがここ明洞の特徴でもあります。

 

弘大(ホンデ)

 弘大は有名な美術系の大学があるなど、学生の街として栄えています。 ですので、街には学生がたくさんいます。そして、ファッションに敏感な若者が集っているということで、最新のファッションからストリート系のファッションなど若者向けのショッピングを楽しむことができます。

 また、街にはアートストリートと言われる通りもあるなど、派手な壁がも見ることができます。今では若い方でソウルへお出かけするときには、外せない街となっていますので、是非行ってみてください!

f:id:kentarosu:20170509035400j:image

 

東大門(トンデムン)

f:id:kentarosu:20170509035452j:image

 東大門は言わずと知れた巨大ショッピングタウン。ショッピングを目当てにソウルへ行く人にとっては明洞と同じくらい外すことのできない街です。ここは巨大なファッションビルが林立しているため、若者を中心としたエネルギッシュさを持っています。毎日がお祭りのような雰囲気があり、筆者も大好きな場所です。

 訪れるのに適した時間は夜中です。「え!?夜中にショッピング!?」と思った方もいらっしゃると思いますが、本当に夜中にショッピングができるんです。というか、東大門市場は昼間は閑散としておりそんなに楽しむことができません。夜中、22時くらいから朝4時くらいにかけて楽しむことができます。昼間行ってもしまっている店が多いので、絶対に夜中に行ってください!

 ショッピングビルにはかく売り場が敷き詰められており、思う存分ショッピングを楽しむことができます。また、たくさんあるだけではなく、めちゃくちゃ安いんです。韓国製のファッションメーカーが製作した物が中心となりますが、最新のトレンドを抑えた可愛らしい服がたくさんあります。

f:id:kentarosu:20170509040702j:image

 

 

ミリオレ東大門

f:id:kentarosu:20170509035637j:image

 ここはおそらく最も有名なファッションビルだと思います。このビルは明洞にも展開していますので、もし東大門市場に行くことができないよという人は明洞店に行ってみると良いでしょう。

 他にも様々なファッションビルがありますので、是非ご自分で体験してみてください!

  • ドゥーダ・モール
  • ロッテ・フィットイン 
  • ハローapM
  • チーム204
  • 現代シティアウトレット などなど

 

ソウルと言えばグルメ・カフェ!!

 韓国旅行の楽しみの1つ、グルメ!!韓国料理は日本でも大変な人気を誇っていますので、ソウルへ行ったら思う存分食べ尽くしたい!と思っている人ばかりばと思います。韓国料理はそんなにカロリーも高くなく、たくさん食べられます。韓国人の人でそんなに太っている人はあまり見かけないように思いますし、現地では細身の若い女性もモリモリ食べてます。是非みなさんもソウルへ出かけたらモリモリ食べまくって帰ってきましょう。

 

おすすめのお店

タッカルビ専門店「ユガネ」

f:id:kentarosu:20170509035813j:image

 おそらくソウルで一番有名なタッカルビ専門店。みなさんが必ず行く明洞には何店舗か存在しているため、一度は目にするはずです。チェーン店ではありますが、タッカルビを初めて食べる!という人は是非ユガネに行ってみてください!基本のユガネ特製タッカルビだけでなく、海鮮タッカルビなどいくつかの種類があり、それにチーズなどのトッピングを追加していくスタイルです。確かに辛いですが、普通に食べられるほどの辛さです。最後はシメの混ぜごはんを追加しても良し、麺を追加しても良し。また、ここのチヂミも絶品ですので食べてみてください!

 

タッカルビ専門店「チャンインタッカルビ

f:id:kentarosu:20170509035853j:image

 こちらは最近流行っているタッカルビの専門店。ユガネよりも少し辛い印象があり、筆者は汗が出てきました。。

 この店はチーズをふんだんに使ったタッカルビが有名で、いわゆるインスタ映えするビジュアルのタッカルビです。モッツァレラチーズとの相性が抜群ですので、とてもおいしいです。しかし、お肉の量が少ない印象がありました。。インスタにかわいい写真を投稿したい!という人は「チャンインタッカルビ」へ、見た目はそんなにかわいくないけどとにかく王道のタッカルビを食べたい!という人は「ユガネ」をおすすめします!

 

流行りのスイーツ店「カフェ・ド・パリ(Cafe de Paris)」

f:id:kentarosu:20170509035934j:image

 この写真、インスタやツイッターなどのSNSで見たことある!!という人もいると思います。最近では名古屋に似たようなお店ができたんだとか。

 ここは、可愛くて甘くておいしい”ボンボン”が人気のお店です。マンゴーやチェリーなどのボンボンがありますが、やはり一番人気は何と言ってもいちごのボンボン!高さは約22cmもあり、とても甘いいちごがこれでもか!というほど入ってます。個人的にはふわっふわな生クリームが半端なくおいしくて大好きでした。お腹がはち切れるほどタッカルビを堪能したあとだったのですが、別腹というやつは本当に存在するんだと感心しました。辛いもののあとに食べる甘いものは、余計おいしく感じます。ただ、女性の方には多すぎる可能性がありますので、2人とかでシェアするくらいがちょうど良いと思います。値段もW18000とそれなりにしますので。。。ただそれ以上においしいので食べなきゃ損ですよ!

 

 

 

日本では遊ぶことのできないカジノ!!

 韓国といえば「ショッピング」「グルメ」「カフェ」「コスメ」「エステ」など様々なことが思い浮かびますが、日本では遊ぶことのできない「カジノ」ができることも韓国を楽しむ秘訣なのではないかと思います。日本から最も近くでできるカジノは韓国のカジノです。そんな韓国のカジノ、どんなところなのでしょうか。

 

パラダイスシティ(PARADISE CITY)

 ここは仁川空港の近くにあるカジノで、2017年4月20日にオープンしたばかりの場所です。マカオのような豪華さがあるとされています。筆者もまだ行ったことがないのでなんとも言えませんが、週末にカジノだけ堪能しに韓国へ訪れる人も増えるのではないでしょうか。カジノ目当てで行く人にとってみると、わざわざソウルしないへ行かなくても遊べてしまうので、時間も思う存分使うことができます。また、カジノ意外にも、スパやショッピング、エンターテインメントバーやレストラン、さらにはスポーツもできるということですので、ここだけですべてのことは足りてしまいます。是非行ってみてください!

www.p-city.com

 

セブンラックカジノ(SEVEN LUCK CASINO) 

f:id:kentarosu:20170509040016j:image

  このカジノは、みなさんが必ず行くソウル駅から歩いて5分ほどの場所にあります。ほとんど目の前です。ヒルトンホテルに併設されていますので、場所もすぐにわかると思います。他には江南(カンナム)にほあります。

 ソウル駅の目の前にあるということで、日本人観光客の姿も多々見受けられます(というか、かなりいます)。プレイするにはまずカウンターでパスポートを提示して会員カードを作ります(もちもん無料です)。そして、荷物も預けられますので大きな荷物や不要な物はカウンターで無料で預かってもらいましょう。

 これで手続きは終了です。ちなみに、会員カードを作らなくてもパスポートだけでプレイできますが、会員カードを作れば中のレストランで無料で2回食事をすることができますので、作ったほうが良いです。中では、レストランの他、プレイ中には無料で生ビールやピーナッツのおつまみ、ソフトドリンクを自由にいただくことができます。これでもってカジノの勝った暁には最高ですよね。

 カジノの内容としては、ルーレットやポーカー、ブラックジャック、大小、スロットなど定番のゲームを楽しむことができます。テーブルゲームの最低賭け金もW2500ですので、気楽にプレイを楽しむことができます。経験の一つとしてやってみるのも悪くないでしょう。

 

韓国のお土産はどうすればいい??

 韓国のおみやげといえば「韓国のり」「ロッテのお菓子」「コスメグッズ」「洋服」に「小物アイテム」などが挙げられると思います。

 では、どこで買ったらいいのでしょうか。仁川国際空港で買う予定!という方や、街中のコスメ店などで買う予定!という方もいらっしゃると思います。

 おすすめの1つとしては、ソウル駅に併設されている「LOTTE MART」という日本でいうイオンみたいなスーパーマケットで買うことです。LOTTE MARTには食品はほとんどなんでもあります。ここでお菓子やカップ麺、韓国のりなどを買うと、安くて質のしっかりしたものを買うことができます。是非、おかえりの際はソウル駅のLOTTE MARTに寄ってみてください!

 

明洞(ミョンドン)でおすすめの両替所

f:id:kentarosu:20170509040308j:image

 筆者が見つけた明洞で一番レートの良い両替所は、「大使館」というお店です。手数料(コミッション)は無しで、レート自体もかなり良いです。実際の為替レートと比較すると、差額(スワップ)は2万円をウォンに変えても60円くらいです。とんでもないことです。ほとんど等価交換してくれます。もしウォンが余ってしまった。。。という時も、これまたとんでもなく良いレートで両替してくれます。

 場所は、明洞のLOTTE YOUNG館の道路向かいにあるスターバックスの左側の道を進んで行くと右側にあります。お店自体は幼稚園か小学校のようなグラウンドがある施設の目の前にあります。

 

 また、ソウル旅行での両替についてどうすればいいの?と思っている人や、日本の空港で大量にウォンに変えて持っていく予定!という人はちょっと待ってください!まず日本の空港で大金を両替するのはやめましょう。ぼったくりレートです。私がおすすめする方法は以下のように両替することです。

 

<おすすめ両替手順>

①日本の空港でW10000に両替する(ぼったくりレート)

②仁川空港に着いたらW8000でソウル駅直通列車に乗る

③ソウル駅で4号線に乗り換え、明洞駅へ向かう

④明洞駅に着いたら両替所「大使館」へ向かう

⑤両替所「大使館」で旅行で使う分だけウォンに両替する(高レート)

 

旅の最後に仁川空港で税金の還付を受けよう!

 韓国では商品やサービスに10%の付加価値税というものが含まれています。もちろん私たち外国人旅行者もその商品やサービスを購入することになるわけですが、実はこの付加価値税は返ってきます。Tax Free Shopの加盟店で1店舗につきW30000以上お買い物した商品代の10%が返ってくるんですよ!結構大きいです。しかし、手続きをしないと返ってきません。簡単ですので、必ず還付を受けて韓国を出国しましょう。

 

<仁川空港での手続き>

①Tax Free Shop加盟店で1店舗につきW30000以上お買い物

②その時のレシート(バーコードがついている)を大切にとっておく

f:id:kentarosu:20170509040545j:image

③旅行最終日に韓国の空港(仁川空港)に到着する

④チェックインカウンター付近にある以下の還付申し込み用の機械へ向かう

⑤Tax Free Shop加盟店で受け取ったレシートを機械で読み取る(還付のための第一段階終了)

f:id:kentarosu:20170509040526j:image

⑥航空会社のチェックインを受け、出国手続きをする

⑦搭乗ゲート(27番ゲート)へ向かう

⑧27番ゲート横のエスカレーターを登り、還付カウンターへ行く

f:id:kentarosu:20170509040409j:image

⑨現金で還付を受ける(還付完了) f:id:kentarosu:20170509040454j:image

 

 以上の2つの手続き「レシートをバーコードリーダーで読み取る」「カウンターで還付を受ける」だけで商品やサービス代金の10%が返ってくるわけですから、素晴らしいですね。忘れずにしっかりやるようにしましょう。

 

おすすめの格安旅行代理店

 格安でソウルに行きたい!人におすすめの旅行代理店は「Surprice!」「HIS」。実はSurprice!もHISの関連です。

 冒頭に出てきたように、割引クーポンをセールで発行するので、ポイント還元などではなく旅行代金自体が安くなるのでとてもお得です。HISはツアーも安いですが、韓国なら宿泊代が元々安いので、航空券とホテルを別で予約したほうが断然お得です。空港から市内へのアクセスについても、簡単に快適に、さらには免税店などに寄るツアーの送迎バスよりも早く市内へアクセスすることができます。

 ホテルの予約については「Hotels.com」がおすすめです。韓国にはこのサイトに登録している宿泊施設も多く、安く泊まれます。アメリカン・エクスプレス(AMEX)をお持ちの方は、「Expedia」がおすすめです。アメックスを持っている人は、Expediaから海外ホテルを申し込むと8%引きになりますので、忘れずにチェックしてみてください!

 航空券を最安値で手に入れるための方法も別ページで紹介していますので是非ご覧ください。

www.vivalatrip.info

 

最後に

 この記事を読んで、ソウル旅行へのイメージは湧きましたでしょうか?行きたいな〜と思っていた人はさらに行きたい!と思っていただけたでしょうか?

 格安で、さらには週末だけで韓国ソウルに行けちゃうなんて本当に良い世界になりましたね。みなさんもどんどん海外へ行って、日本では味わえない異国の文化や生活に触れて刺激を受け、視野や人脈といったものを広げていくことでもっと人生を豊かにしてみてはいかがでしょうか!是非、世界を旅しよう!