Viva La Trip 〜世界を旅しよう〜

国内外問わず旅行についての様々な情報を提供します。筆者は、現在社会人3年目となり、大学生時代には世界35カ国を旅してきました。現在では、アジアを中心に週末を利用して旅行をしています。是非活用してください!

韓国・ソウルで焼肉を食べるなら絶対に外せないお店!

f:id:kentarosu:20180328001851j:image

今回は韓国・ソウルの焼肉のご紹介です!

筆者は先週ソウルを訪問し、これで今年度5回目で通算7回となりました。

何回行っても楽しめるのが韓国・ソウルです!

その理由は、日本人に合うおいしいご飯と日本にはないカジノの存在です。

 

この記事では、韓国旅行の目玉であるグルメの中でもみなさんが特に大好きな「焼肉」が思う存分食べられるエリアをご紹介します!

 

 

 

 

 

ソウルの焼肉で外せないのは「焼肉ストリート」

では早速焼肉で外せない場所をご紹介していきます。

見出しに書きましたが、そこは通称「焼肉ストリート」と言われるエリアになります。

旅行ガイドブック『地球の歩き方』でも少し紹介されていますが、そんなに大きく取り上げられているわけではありません。

その理由は立地にあるかもしれませんが、タクシーを使えば明洞からでもすぐに行くことができます。

 

筆者もソウル7回目にして今回初めて焼肉ストリートに行きましたが、なぜ今まで行ってなかったのかと自分に問いたい気持ちになるほどおいしい焼肉が安く食べられました。

 

焼肉ストリートとは?

f:id:kentarosu:20180328001851j:image

ソウル市内には、この記事でご紹介している馬場洞(マジャンドン)焼肉ストリート以外にも焼肉街と言われるエリアはいくつかあります。

代表的なのは「鍾路3街(チョンノサムガ)」と言うエリアで、馬場洞よりもよりディープな屋台形式の焼肉街になります。

 

焼肉ストリートの場所は?

馬場洞焼肉ストリートがある場所は、明洞からタクシーで東に10分ほど走ったところにあります。

東大門(トンデムン)からはさらに近い位置になります。

明洞からのタクシー料金はで500円〜700円程度ですので、乗らない手はありません。

ただ、一人で行くので少し節約したい!という人は地下鉄を使っていく手段があります。

 

  所要時間 料金 出発地 下車地
タクシー 約10分 約500円〜700円 明洞駅前 馬場洞焼肉街
地下鉄 約20分 1350ウォン(約140円) 明洞駅 新踏駅(から徒歩5分)

 

 

 

韓国に行って「焼肉」を食べないなんてもったいない

f:id:kentarosu:20180328002054j:image

f:id:kentarosu:20180328002142j:image

f:id:kentarosu:20180328002318j:image

ここまで焼肉ストリートのご紹介をしてきましたが、やはり韓国旅行で焼肉は外せません。

筆者は何度も申し上げてきましたが、7回目の訪韓となりました。

もちろん7回とも焼肉を食べています。焼肉屋に入ると韓国人女性が女子会をしていたり、カップルで楽しんでいたり、サラリーマンが来ていたりと、焼肉を食べるのがどうも習慣と化しているみたいです。

それだけ食べても韓国人女性はやせている人が多いのは不思議なものですね。

 

また、焼肉ストリートでは、1階の露店で精肉を販売していて、それを購入して2階で食べるのがお決まりの流れになっているみたいです。

お肉だけ購入して、あとは入場料(キムチやサンチュ、サラダなどが食べ放題)を支払って、炭火で焼いて食べることができます。

かなり本場っぽい食べ方ができるので、やはり絶対に1回は行くべきだと思います!

しかもお肉の値段もかなり安いので、まさに良い肉が安くおいしく食べられる場所です。

 

 

韓国ソウルに行くなら予約は「サプライス!」から!

f:id:kentarosu:20180328003142p:plain

さて、筆者は散々韓国に旅行に行っていますが、どこからお金が出ているの?と思いませんでしょうか。

筆者はただのサラリーマンで、年収も人並みだと思います。

ではなぜ?

と思うかもしれませんが、答えは「サプライス!」から予約しているからです。

サプライス!とは大手旅行代理店のHISが運営している旅行予約サイトで、たびたびクーポンが発行されます。

現在(3月22日~)は3周年記念でなんと「5000円」クーポンが配布されています。

このクーポンを使えばどの航空券も5000円割引になります。

ちなみに配布期限(予約期限)は4月3日の23:59までとなっていますので、お早めにご旅行の日取りを決めて予約しましょう。

筆者もこの機会に3回分くらい予約しようと思っています。

 

クーポンの使い方については別の記事でもご紹介していますので、ぜひ見てみてください!

 

www.vivalatrip.info