Viva La Trip 〜世界を旅しよう〜

国内外問わず旅行についての様々な情報を提供します。筆者は、現在社会人3年目となり、大学生時代には世界35カ国を旅してきました。現在では、アジアを中心に週末を利用して旅行をしています。是非活用してください!

タイ・バンコクの乗り物ガイド〜定番のタクシー・トゥクトゥク編〜

f:id:kentarosu:20171012170927j:plain

今回は、タイの首都バンコクの乗り物の乗り方についてご紹介したいと思います!

バンコクの乗り物というと、真っ先に思い浮かぶのはトゥクトゥクだと思います。

その他にも船や鉄道、地下鉄やバスなど様々な乗り物があります。

その中でも、今回は定番中の定番であるタクシーとトゥクトゥクの乗り方をご紹介します!

 

 

 

 

バンコク市内のタクシー

f:id:kentarosu:20171012165422j:plain

では、まずタクシーのご紹介です。タクシーはどの国へ行っても走っており、目的地までダイレクトに連れて行ってくれるのでとても便利な乗り物です。しかし、海外でタクシーに乗るのは少し怖いな〜という人も多いかと思います。ただ、今申し上げましたように、とても便利な乗り物ですので使わないわけにはいきません。では早速バンコク市内でタクシーを使う際の注意点や乗り方について見ていきましょう。

 

バンコクのタクシー事情

バンコクでは、トゥクトゥクばかりが走っているイメージがあるかもしれませんが、タクシーも負けてはいません。

街を行き交うタクシーの量は、トゥクトゥクの量以上かもしれません。

料金の面ではやはりタクシーの方が高くはなりますが、快適性で言うとやはりタクシーが勝ります。ただこの料金については日本では当たり前のメーター制で乗せてくれることは少なく、料金をあらかじめ決める交渉制によるものが多くなります。

また、タクシードライバーは基本的に英語は一切できません。タイ語が併記された地図とかがあればかなり便利です。

 

バンコクのタクシー料金

タイは物価が安いからタクシーも安いんでしょ??

と思っている人は多いと思います。

答えはイエスです。

みなさんが想像している通り、タイ・バンコクのタクシーは日本に比べるとかなり安いです。これは人件費に関わってくるものであり、当然日本に比べれば人件費も安いわけです。

メーター制

初乗りで約35バーツ(1kmまで)、その後は1kmあたり6〜10バーツほどずつ段階的に上がっていく。

交渉制

・メーターと表記してあっても、基本的には交渉することになる

・近場だと実際トゥクトゥクとそんなに料金は変わらない

・経験上、どんなに近くに行く場合でも最低50バーツは必要

 

バンコクのタクシーの乗り方

①まずタクシーを止める

 →日本でタクシーに乗るときと同じ

②行き先を伝えて、料金を聞く

③言われた料金はかなり高めに設定されているため、値下げ交渉をする

④納得できる料金で乗車

 →乗車中は交渉した料金を必ず覚えておく

⑤到着したら、事前に交渉した料金を支払う

 →できればお釣りが無いように準備した方が安全ですが、経験上お釣りがもらえないことはありません。

⑥下車する

 →トランクの荷物を入れている場合は、トランクから荷物を出してから支払った方が無難でしょう。荷物だけ持って行かれる心配があります。ただ、おそらくそんなことはないと思います。念には念を。

 

筆者おすすめのタクシーの使い方

夜など、トゥクトゥクのドライバーが強気で料金設定をしてくる時にタクシーを使うのがオススメです。

トゥクトゥクは夜になるとなかなか値下げに応じてくれません。特にサイアムなどの繁華街では結構強気です。それに比べてタクシーはどちらかというと日中も夜も値段がそんなに変動しない印象があります。

例えば、サイアムスクエアから私が宿泊したプリンス・パレスホテルまでタクシーで100バーツ、トゥクトゥクでも100バーツでした。トゥクトゥクはこれ以上下げることはできないと言う一方、タクシーは100バーツで乗せてってくれと言うとすぐにOKがでました。おそらくもっと値下げ交渉すればさらに安くなったと思います。

 

バンコク市内のトゥクトゥク

f:id:kentarosu:20171012165125j:plain

タイ!バンコク!と聞くと、黄金に輝く仏教寺院や象を思い浮かべる人が多いと思いますが、トゥクトゥクを思い浮かべる人はそれ以上にいるかもしれません。

それくらい、トゥクトゥクはメジャーな乗り物で、バンコクを代表するものになっています。

では、このトゥクトゥクを上手いこと乗りこなすにはどうしたらいいのでしょうか?

東南アジアの国ですので、ぼったくりやスリなどの犯罪を心配する人も多いと思いますし、それゆえ乗り物ひとつをとっても危険がたくさんあるんでしょう?と感じている方もいらっしゃると思います。

そんな不安を払拭して、お得なトゥクトゥクを上手に乗りこなすための方法をご紹介していきます!

 

バンコクトゥクトゥク事情

まず、バンコクトゥクトゥクが見つからない!なんてことは無いと思っていいと思います。それくらいトゥクトゥクは走っています。

ドライバーは英語が多少通じることが多く、行きたいところを的確に伝えることができます。タクシードライバーに英語が全く通じないのとはかなり対照的ですね。

また、料金に関しては交渉することにより基本的にはタクシーより安い金額で目的地までいくことができますが、長距離には向いていません。最高速度はせいぜい40〜50キロほどですし、かなり揺れます。

また、私の経験上、タクシーのドライバーは真面目にやっていることが多い印象ですが、トゥクトゥクのドライバーはトゥクトゥクの運転だけではなく夜は大麻や風俗などを勧めてくることが多いので、注意しましょう。

 

バンコクトゥクトゥク料金

先ほど、トゥクトゥクはタクシーよりも安いと書きましたが、それは近距離で、尚且つ交渉をちゃんとして、のはなしです。

トゥクトゥクはタクシーのように、ドライバーが会社に所属しながら運営しているものではなく、基本的に個人でやっていると思いますので、料金設定はめちゃくちゃです。

つまり、自分の好きな料金を吹っかけることができるのです。また、それゆえ降車の際には料金などでの揉め事やトラブルもたくさんあるのが現状です。

日本人からすると大した金額ではないので、支払いをして済ますということが多いと思いますが、そのようなトラブルにならないように心がけることが大切です。

そのためには、相場を頭に入れた上でしっかりした交渉をすることが大切です。

トゥクトゥクの相場

1キロ未満         〜30バーツ

1キロ〜2キロ    〜80バーツ

2キロ以上          100バーツ〜

 

バンコクトゥクトゥクの乗り方

トゥクトゥクを止める

②行き先を伝えて、料金を確認する

③料金を交渉する

④納得いく料金で乗車する

⑤到着したら、交渉した料金を支払う

⑥降車する

 

トゥクトゥクの乗り方はほとんどタクシーと場合と変わりません。

ただ、トラブルになることが多いので、料金の交渉や支払いの際は注意しましょう。

 

また、トゥクトゥクのドライバーは道端に停車させて仲間のドライバーと喋っていることが多いですが、走っているトゥクトゥクを捕まえるのがベストです。走っているトゥクトゥクのドライバーの方が良心的な印象があります。

 

筆者おすすめのトゥクトゥクの使い方

f:id:kentarosu:20171012165111j:plain

1kmから3km程度の近距離移動に使いましょう!

前述しましたが、最高速度もしれていますし、揺れも激しいうえに初心者が長距離移動に使うと料金の面などで揉めることもありますので、慣れていない人は近距離移動に使いましょう。

また、乗車人員も乗れるだけ!という感じですので、複数人で乗車する時には一人あたりで換算するとかなりお得に乗ることが できます。頑張れば5、6人乗れるのではないでしょうか。

  

最後に

今回はバンコク旅行で最も利用頻度が高く、また便利な乗り物であるタクシーとトゥクトゥクの乗り方をご紹介しました。

ガイドブックを見てもいまいちイメージが湧きにくい、と思っていた方々は参考になりましたでしょうか?

私自身も最初はガイドブックを見ていましたが、どこが実感が湧かなかったのでウェブサイトを漁っていた時期があります。動画も載せていますので、これから行く!という人以外にもバンコクの乗り物はこんなんだ!というのを感じていただけたら嬉しいです。

 

最後に、トゥクトゥクの動画を載せてみました!


タイ・バンコクでトゥクトゥクに乗ってみた!

 

次回の「バンコクの乗り物ガイド」シリーズは、今回に続いて定番の「鉄道・電車」の乗り方をご紹介したいと思いますので、是非見てみてください!