Viva La Trip 〜世界を旅しよう〜

国内外問わず旅行についての様々な情報を提供します。筆者は、現在社会人3年目となり、大学生時代には世界35カ国を旅してきました。現在では、アジアを中心に週末を利用して旅行をしています。是非活用してください!

【群馬】白根火山ロープウェイとコバルトブルーの湯釜への行き方や料金は?

f:id:kentarosu:20171019122558j:image

草津温泉の周辺観光といえば、白根山!ですね。

私は調べていて初めて知った観光地なので、知らない人の方が多いと思います。

知名度はまだまだ低いかもしれませんが、草津温泉とその周辺を観光するとなると、白根山がセットになることが多いと思います。

では、そんな白根山はどこにあって、なにがあるのでしょうか?

今回、初めて行ってきましたのでその魅力が伝わるよう詳しくご紹介したいと思います!

 

 

 

白根火山ロープウェイとは?

f:id:kentarosu:20171019122316j:image

まず、白根山とは麓に群馬県吾妻郡にある草津温泉を擁する山のことです。

草津温泉での周辺観光となると、軽井沢方面にある鬼押出し園や白糸の滝、ロマンチック街道沿いにあるロックハート城などが有名ですが、もっとも近いのはこの白根火山ロープウェイと白根山の湯釜です。

今の時期ですと、白根火山ロープウェイから眺める白根山の紅葉は素晴らしく、さらにはその先にあるコバルトブルーの湯釜は多くの観光客を魅了します。ちなみに、この湯釜ですが、昨年は火山活動の危険により立ち入り禁止となっていましたが、2017年10月現在は解除されて近くで見ることができます。

筆者が先週訪れた時には、平日ではありましたが多くの観光客の方々で賑わっていました。

 

白根火山ロープウェイまでの行き方

さて、白根火山ロープウェイまでの行き方をご紹介したいと思います。

今回は、草津温泉の周辺観光ということで、草津温泉の入り口にあたる「草津」信号交差点からの行き方を地図でご説明します。

といっても、説明するまでもないくらい簡単に行くことができます!

f:id:kentarosu:20171019121441p:plain

上の筆者お手製の地図を見ていただくとお分かりだと思いますが、292号線を白根山方面に走ると15分ほどで行くことができます。山道になりますので、今の時期は紅葉がきれいでドライブにも最適です。

 f:id:kentarosu:20171019145346j:image

 

白根火山ロープウェイの料金

f:id:kentarosu:20171019144535j:image

白根火山ロープウェイは個人のお客様に対しては、片道運賃と往復運賃の2種類の料金設定があります。

料金は下の表にある通りです。

  大人 小人
片道 900円 450円
往復 1500円 750円

ちなみに、草津温泉のお宿では割引券を配布しているところが多いので、忘れずにお宿でもらいましょう!

筆者が宿泊した「お宿 木の葉」では200円引きの割引券でしたので、往復で1300円で乗車することができました。

 

また、草津温泉「お宿 木の葉」については、別の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

 

www.vivalatrip.info

 

f:id:kentarosu:20171019144653j:image

また、ロープウェイの乗り場に大きな無料駐車場がありますので、そこに停めて登ることになります。

f:id:kentarosu:20171019144616j:image

 

白根火山ロープウェイ山頂から湯釜への行き方

f:id:kentarosu:20171019143059p:plain

白根火山ロープウェイから白根山の絶景を眺めながら山頂駅に到着すると、そこから湯釜までは徒歩になります。

 f:id:kentarosu:20171019144738j:image

山頂駅から湯釜までは徒歩で30分から40分くらいかかりますが、湯釜まで行く途中には「弓池」などすばらしい景色を見ることができますので、是非歩いて行くことをおすすめします。

 f:id:kentarosu:20171019144801j:image

f:id:kentarosu:20171019144814j:image

最後には、レストハウスの駐車場から湯釜の展望台まで登るキツイ坂がありますが、ここは乗り切りましょう!

f:id:kentarosu:20171019145254j:image

大変な思いをして登り切ると、そこには絶景が待っています!

絶景の湯釜はこちら!

f:id:kentarosu:20171019145037j:image

残念ながら少しガスがかかってしまいました。

しかし、見たことのない幻想的な景色で、感動しました!

これまでは、山頂駅からレストハウス(湯釜近く)までの無料シャトルバスが運行されていたようですが、筆者が訪問した2017年10月11日には運行されていませんでした。

 

車で直接湯釜付近まで行く方法

f:id:kentarosu:20171019143124p:plain

ここまでは、ロープウェイを使って湯釜まで行く方法をご紹介しましたが、湯釜だけで十分!という人は、湯釜付近にあるレストハウスまで292号線を使って行くことができます。 

ちなみに、このレストハウスの所にある駐車場は有料で1日500円になります。

筆者は、晴れていればロープウェイを使って行く方法をおすすめします!ロープウェイからの景色は絶景で、山頂駅から歩いて行くことにはなりますが、標高2000mを超える大自然の中を歩くのはかなり気持ちが良く、良い運動にもなります。

 

山頂駅からは本白根山の登山も可能!

筆者が訪れたのが先週ということもあり、紅葉の彩りもあり気候的にも過ごしやすい時期でしたので、「本白根山」の登山者も多数いらっしゃいました。

この本白根山ですが、湯釜のある白根山とは違います。

山頂駅から湯釜方面に向かう途中にもう一つリフトがあり、そのリフトに乗って本白根山方面に向かうことになります。意外に険しいようで、登山者の皆様はしっかりとした装備でリフトの方に向かっていました。

白根山の観光は、普通の観光客の人だけでなく登山者にとっても魅力のある場所ですので、今秋か来春に是非行ってみてください! 紅葉だけでなく、春の新緑も目に余るものがあると思います!

 

白根山 フォトギャラリー

筆者が撮影した写真です。

自慢のオリンパス製ミラーレスカメラを車に忘れてしまったので、iPhoneでの撮影になりました。。