Viva La Trip 〜世界を旅しよう〜

国内外問わず旅行についての様々な情報を提供します。筆者は、現在社会人3年目となり、大学生時代には世界35カ国を旅してきました。現在では、アジアを中心に週末を利用して旅行をしています。是非活用してください!

【群馬】日本三名泉の草津温泉では筆者おすすめの宿「お宿 木の葉」に泊まろう!

今回は、草津温泉の大人気の宿「お宿 木の葉」に行ってきましたので、ご紹介したいと思います!

筆者の草津温泉訪問は、昨年に引き続き2回目となります。前回のご紹介は、別のページでしていますので是非ご覧ください!

ちなみに、前回泊まった宿は「極楽館」というお宿でした。

www.vivalatrip.info

では、早速今回宿泊した「お宿 木の葉」をご紹介します!

 

 

 

 

 

草津温泉「お宿 木の葉」とは?

f:id:kentarosu:20171014001808j:image

「お宿 木の葉」とは、全国各所に宿泊施設を展開する共立リゾートが運営する草津温泉のお宿です。草津温泉には共立リゾートが展開する宿は2つあり、一つがこの「お宿 木の葉」でもう一つが併設されている「お宿 季の庭(ときのにわ)」です。

この2つのお宿は、平成22年(2010年)にオープンした、草津温泉ではかなり新しい宿泊施設になります。

宿泊施設としての規模は、「木の葉」の客室数が47部屋で、「季の庭」の客室数が64部屋ですので、結構大きな施設になります。

この施設はユーザーからの評価がかなり高く人気がある宿で、その理由の一つに全館内が畳になっていることが挙げられます。お部屋はもちろん、廊下やエレベーター、階段まですべての床が畳になっていますので、館内は素足で過ごすことができます。

また、「木の葉」と「季の庭」には共通の温泉があり、どちらに宿泊の方でも入ることができます。この施設の目玉は何と言ってもこの「温泉」です!なんと、23種類ものお風呂があり、無料貸切風呂3種類があるだけでなく岩盤浴やサウナもあるなど、この宿に居ながら草津温泉の「湯めぐり」ができてしまいます。

では、「木の葉」と「季の庭」の大きな違いは何か?と言うと、「季の庭」の方がより高級で全室に露天風呂が完備されている点です。一方「木の葉」は全室に露天風呂がない分お得に宿泊することができます。

また、こちらが館内の見取り図です。

f:id:kentarosu:20171015185920j:image

価格帯は「木の葉」が2名1室で1人18000円〜20000円程度なのに対し、「季の庭」は2名1室で1人30000円〜40000円程度となっています。

 

どこにあるの?

群馬県吾妻郡草津町にある草津温泉の高台に位置しており、静かな場所になりますのでかなり過ごしやすくゆっくりすることができます。

観光地である湯畑までは歩いていくとかなり時間がかかりますが、無料シャトルバスも出ていますので心配することはありません。バスで7分ほどですので、結構便利ですね。

住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津白根464-214

電話:0279-89-9320(予約専用)

 

気になるお部屋は?

f:id:kentarosu:20171015003941j:image

「木の葉」のお部屋は基本的にはツインかダブルの2種類になります。

今回筆者が宿泊したのはツインルームでした。まずお部屋に入ると洗面台とお手洗いがあり、その奥に部屋があるタイプで、洗面台のところとお部屋は引き戸で仕切られています。お部屋には左右にマットレスの低めのベッドがあり、奥の窓からは外を眺めることができます。畳にベッドというかなりかっこいい組み合わせで、感動しました。

また、トイレもウォシュレットタイプの新しいものでしたので、何不自由なく過ごすことができました。

f:id:kentarosu:20171015003004j:image

f:id:kentarosu:20171015003010j:image

 

どんな施設があるの?

f:id:kentarosu:20171015003038j:image

「木の葉」と「季の庭」には、先ほど挙げた温泉以外にも共通で利用できる施設がたくさんあります。 

中庭が見える「食事処 雲海」

f:id:kentarosu:20171015182455j:image

このお宿では基本的に1泊2食付きの宿泊プランになり、夕食と朝食はこのお食事処「雲海」でとることになります。

場所は2階にあり、もちろんここも畳になっているためとても過ごしやすい環境で食事をいただくことができます。

夕食

◯ まず夕食はセミバイキング方式で、基本となる御前や台ものなどに加えて他にも様々な料理をバイキング形式で食べることができます。

◯ 食事のおしながきは、木の葉御前、台の物(薬膳スープ鍋)、そしておばんざいコーナーでのセミバイキングです。

◯ 飲み物はアラカルトメニューから別途注文する形になりますが、1人2500円でアルコール・ソフトドリンクの飲み放題にすることもできます。

◯ おばんざいコーナーでは、地元の旬な食材を使った料理がたくさん並んでいますので、地元の名物料理を好きな量だけ楽しむことができます。お宿の食事の良いところですね!

夕食の時間は17:30からと、19:30からの2部制になっており、チェックインの先着順で前半後半に自動的に振り分けられます。筆者は16時過ぎにチェックインしましたが、後半組でした。

朝食

◯ 朝食はバイキング形式になります。よくある和洋食ですが、夕食と同様に地元の名物料理もたくさんありますので、地元の味を何種類も楽しむことができるのが最高のポイントです!

朝食の時間は7:00〜9:00と決まっており、その時間を過ぎると食べることができませんので注意してください!また、先着順になりますので、満席で待つこともあるそうですので、お早めに行くことをおすすめします! 

ちなみに、こちらが筆者が行った時のおしながきです!

f:id:kentarosu:20171015004751j:image

おばんざいコーナーには、揚げたての天ぷらや串物をはじめ、地元食材を使った名物などがたくさんありました。少しずつでも全部食べきれないくらいの種類がありました。

 

こだわりの日本酒と焼酎が飲める「酒処 蔵」

f:id:kentarosu:20171015182659j:image

こちらは筆者はおじゃますることができませんでしたが、日本酒や焼酎など数多くの種類のお酒を楽しむことができるようです。

お代は部屋付けにすることができますので、その場でのお支払いの必要がないみたいです。

営業時間は21:00〜24:00となっています。 

 

自由に過ごせる「休み処 旭月」

f:id:kentarosu:20171015182923j:image

ここにはテーブルや椅子、さらには囲炉裏があり、ゆっくり安らぐことができるスペースになっています。なお、将棋やオセロなどのゲーム類もありますので、カップルで楽しむもよし、仲間と一緒に楽しむもよし、ゆったりとくつろぐことができます。

f:id:kentarosu:20171015184706j:image

また、後ほどご紹介させていただきますが、ここでは無料でおしのぎの軽食や夜鳴きそばを食べることもできます。

 

気に入った浴衣が選べる「浴衣処 結」

f:id:kentarosu:20171015184225j:image

受付の横に小さな売店のようなものがあり、スナック菓子などが売っています。

その横に浴衣が置いてあるコーナーがあり、それが「浴衣処 結」です。

ここでは1着500円で浴衣をレンタルすることができます。

好きな浴衣を着て館内だけでなく、湯畑などの観光地を散策することができますので、カップルで行った際などには是非レンタルしてみてください!筆者ももちろん迷わずレンタルしました! 

 

草津銘菓などが揃う「土産処 心」

f:id:kentarosu:20171015190022j:image

ここは、草津温泉の銘菓などのお土産を買うことができるお土産屋さんです。

様々な種類のお土産が揃いますので、わざわざ湯畑周辺で買う必要はありません。

また、タイムセールも実施しているようですので、是非館内ですべて揃えてしまってはいかがでしょうか?

 

完全分煙の館内「煙処 」

f:id:kentarosu:20171015190052j:image

館内に完全分煙となっていますので、各所に設けられた喫煙所で喫煙することになります。喫煙所内ももちろん畳になっていますので、くつろぎながら喫煙することができます。また、「大湯処 季の湯」には脱衣所の中に露天形式で喫煙所が設けられていますので、湯上りに一服!なんてこともできちゃいます。ちなみに、貸切露天風呂と「湯治処 古の湯」には喫煙所はありませんでした。 

 

アロマトリートメントと手もみでリラクゼーション「癒し処」

f:id:kentarosu:20171015184442j:image

ここでは、お手軽な手もみから本格的なアロマオイルトリートメントまで豊富な種類のメニューを選ぶことができます。もちろん無料ではありませんので、現地で別途予約をする必要があります。筆者はやりませんでしたが、癒し処の入り口の予約状況を見たら結構埋まっていましたので、人気があるのかもしれません!ゆっくりして、日頃の疲れを思う存分癒したい!という人は是非利用してみると良いと思います。  

 

お宿で湯巡り 23種類のお風呂

共通で利用できる館内の温泉は大きく分けて3つに分かれます。

f:id:kentarosu:20171015003059j:image

まず1つ目が「湯治処 古の湯」で、熱湯とゆる湯を並べた内湯や樽風呂に加えて、マイナスイオンをミクロの泡で発生させる「夢想の湯」など、男女それぞれ4種類のお風呂があります。

f:id:kentarosu:20171015003315j:image

 f:id:kentarosu:20171015003335j:image

f:id:kentarosu:20171015003415j:image

2つ目が「大湯処 季の湯」で、ここには内湯だけではなく自然溢れる「露天風呂」やドライとスチームの2種類の「サウナ」、そして「岩盤浴」までもが完備されています。

f:id:kentarosu:20171015003252j:image

f:id:kentarosu:20171015003202j:image

 f:id:kentarosu:20171015003212j:image

そして3つ目が「貸切露天風呂」で、巨大な岩に囲まれた「岩室」、光が差し込む六角形の檜風呂「光林」、竹造りの母屋と竹林を思わせるお風呂「竹座」の3種類があります。

f:id:kentarosu:20171015185434j:image

f:id:kentarosu:20171015185545j:image

f:id:kentarosu:20171015185448j:image

貸切露天風呂については、予約不要で各露天風呂の電灯と案内看板で入浴中かどうかを確認する仕組みになっています。電灯がついているときは館内で順番を待つことになりますが、他にも20種類近くのお風呂があり、「季の庭」に宿泊の人は全室に露天風呂が完備されていることもあり、筆者が宿泊したときはせいぜい待っていても1組くらいと言ったところでした。

ちなみに、お風呂全体でみると、夜は若者が多い印象で、早朝は年配の方々が多い印象でした。

f:id:kentarosu:20171015003441j:image

 

 

無料サービスが豊富!

「木の葉」が人気を集める理由の一つに、この無料サービスの豊富さがあります!

最初筆者自身もこのサービスに驚きを隠しきれませんでした!

お宿〜湯畑・バスターミナル 無料シャトルバス

f:id:kentarosu:20171015003707j:image

まず、お宿と湯畑間の無料シャトルバスです。このサービスは大きな旅館でしたらどこもやっているようなサービスになります。

お宿から湯畑までの所要時間は、シャトルバスで7分です。あまりにすぐに着いたのでびっくりしました。

無料シャトルバスの運行は時間帯によって「お宿〜バスターミナル」と「お宿〜湯畑」の2系統に分かれており、運行時間は以下のようになっていました。 

 

午前(お宿⇆バスターミナル)

<お宿発>

8:45発・9:45発・10:25発・11:00発・11:35発

<バスターミナル発>

9:00発・10:00発・10:40発・11:15発・11:50発

午後(お宿⇆バスターミナル)

<お宿発>

13:35発・14:35発・15:15発・15:45発・16:15発・16:45発

<バスターミナル発>

14:00発・15:00発・15:30発・16:00発・16:30発・17:10発

湯畑ナイトシャトル

<お宿発>

17:30発・18:30発・19:30発・20:00発・20:30発

<湯畑発>

17:40発・18:40発・19:40発・20:10発・20:40発・21:30発

 

軽井沢〜お宿 無料シャトルバス

ん!?

最初びっくりしますよね?

軽井沢から草津温泉のお宿まで無料のシャトルバスがあるの!?

そうなんです。この「木の葉」では、無料でシャトルバスを運行しているのです。軽井沢に車を止めてこの無料シャトルバスに乗るのもよし、軽井沢駅までは新幹線やJRの在来線も走っているので電車で軽井沢まで行って、そこから無料シャトルバスに乗るのもよし、使い方はたくさんあると思います。

ただ、こちらはもちろん事前予約制となっていますので、お電話で予約をしましょう!

運行時間は以下のようになっていました。 

 

JR軽井沢駅⇆お宿 シャトルバス

<JR軽井沢駅発>

平 日  :13:15発

金・土・日:13:15発・16:00発

<お宿発>

毎 日  :11:10発

※所要時間は、順調に行って70分程度

 

アイスやヤクルト、夜鳴きそば、ビールにコーヒーが無料!

f:id:kentarosu:20171015003517j:image

お風呂上がりといえば、冷たいものが欲しくなりますよね?

もちろんここ「木の葉」にはそれもあるんです!

「大湯処 季の湯」の入り口のところにそのコーナーはあります。

夜はアイスバーがあり、朝はヤクルトが置いてありますので、好きなだけ召し上がることができるようになっています。なんという気遣いでしょうか。

f:id:kentarosu:20171015184526j:image

また、夜ご飯が後半組で19:30までの間に小腹が空いてしまった時には、「休み処 旭月」でしのぎとして無料の軽食を食べることができます。さらには、夜ご飯を食べた後に温泉に入ったりして夜お腹が空いたな〜という時には、これまた「休み処 旭月」で無料の夜鳴きそばを食べることができ、さらにはビールも無料で飲みたいだけ飲めますので、本当に館内だけで充実した時を過ごすことができます。もはや外に出る必要はありません!

それぞれの利用時間は以下のようになっていました。

 

無料サービス利用時間

コーヒー・ほうじ茶サービス:7:00〜17:00

おしのぎ(にらまんじゅう•肉まん•味噌田楽):17:30〜18:30

夜鳴きそば(中華そば):22:00〜23:30

 

気になる料金は?

料金は冒頭でご紹介しましたが、相場としては2名1室で1人18000円〜20000円ほどとなっています。

ただ、今回筆者は10月の三連休開けの平日に宿泊しましたので、2名1室で2人合計で28800円で宿泊することができました。

かなりお得に泊まることができたかなと思いますが、やはり30000円近くは必要になってきますので、いい旅館ということになりますね。

しかし、施設やサービスの質などを考えるとこれでもかなり安い!と思える内容でしたので、是非いろいろ検索して予約してみてください!

 

泊まってみた感想

f:id:kentarosu:20171014001301j:image

冒頭でも書きましたが、筆者は草津温泉に訪れたのは昨年の7月に引き続き今回で2回目となります。前回は湯畑から歩いて2分ほどの場所にある「極楽館」に宿泊しました。極楽館にも貸切風呂が3種類ありましたが、宿の規模感は部屋数5部屋程度と小規模の旅館でした。

今回宿泊した「木の葉」はかなり大きな旅館で、施設自体もオープンしてまだ7年ということもありかなり新しく綺麗でした。この旅館内だけで草津温泉が満喫できてしまうほど充実した施設でした。

率直な感想としては、来年も「木の葉」に宿泊したい!と素直に思いました。

そして、いつかは「季の庭」に宿泊できたらいいな!と思っています。

 

今回筆者は軽井沢観光をしてからチェックインしましたが、16時頃には到着しました。個人的にはかなり早めに着いたかな?と思いましたが、その時間ですでに駐車場はほぼ満車状態でした。こうした高めの旅館ではみなさん早めにチェックインして旅館でゆっくりするのだなぁと感じました。筆者自身もこれからこうした高めで、旅館内ですべてが完結するような充実した旅館に宿泊する際にはチェックイン開始時間にチェックインしてゆっくりしよう!と思ったのと同時に、これから宿泊するかもしれないみなさんにも是非お早めのチェックインをおすすめします!

 

筆者の満足度は100点満点でした!!!

トリップアドバイザーでの評価もかなり高めなのが頷けます!

 

ダメだな〜と思うところが一つもなく、駐車場に到着すると旅館まで荷物を運んでいただけ、帰りの際も車のドアを開けてくれるなど細かなサージスも行き届いていました。是非みなさんも宿泊して、実感していただけたらと思います!

 

周辺観光のご紹介

草津温泉の「お宿 木の葉」に宿泊したら是非行ってみていただきたい周辺観光をご紹介します!

筆者は前述した通り、今回で草津温泉は2回目となりまして、周辺の観光地にも訪れていますので、おすすめの場所がたくさんあります!

詳しくは別の記事でご紹介していますので、是非ご覧いただけたらと思います。

 

www.vivalatrip.info

www.vivalatrip.info

 

「お宿 木の葉」フォトギャラリー

最後に、木の葉に対するイメージを膨らませていただけたらと思い、筆者が今回撮影した写真をご紹介したいと思います!是非ご覧ください!