Viva La Trip 〜世界を旅しよう〜

国内外問わず旅行についての様々な情報を提供します。筆者は、現在社会人3年目となり、大学生時代には世界35カ国を旅してきました。現在では、アジアを中心に週末を利用して旅行をしています。是非活用してください!

海外旅行に行こう!

 f:id:kentarosu:20170405144255p:plain

 

 みなさんはどのくらい海外旅行が好きだろうか。

 本当に大好き!という人も少なくないだろう。

 

 まだ行ったことのない人でも興味を持っている人は一歩踏み出す勇気を持ってみよう。一度行ったら止まらなくなるくらいに海外旅行は楽しいものである。そして、旅は自分自身を成長させてくれる。 

 

「旅」というものは、人生を豊かにしてくれる。

 

 この世の中において最も重要なことだと私は感じている。

 

 世の中の人々は、ビジネスで成功する!出世する!有名になる!など様々な目標を持って生きている。そうした目標は大抵の場合、人間が作り出した世界においてのことである。最も、ビジネスや出世するなど前述した目標は、資本主義社会においてのことである。資本主義社会とは、世界の国々が社会主義に挑戦し、その後に出てきたものである。社会主義か資本主義か。世界をより豊かにするものはどちらかという競争の中で勝ち残ったのが資本主義である。世の中は「お金」で動いている。この資本主義社会は言うまでもなく市場の原理で動いている。代表的なものが「需要と供給」のバランスである。こういった市場原理は人間が試行錯誤してできた仕組みである。この中では「お金」が全てで、それを多く所有している者が勝者となる。しかし、やはり人間が作り出した仕組みだ。この仕組みの中において成功することを目標にすること以上に大切なものがあるはずだ。どんなに出世しても地位や名声を手に入れたとしても、神が創造したと言われるこの宇宙においては「自然」にかなう者はいない。この母なる大地「地球」を旅して歩くこと、これが人間として大切なことだと感じるのは私だけだろうか。

 どんなに成功したって、行ったことのない国がたくさんあるということは、地球人としては敗者だろう。知らない土地や文化が多数あり、人とのふれあいも日本人だけ。それでは虚しい気がしてならない。

 また、「旅」をすることでそうした経験や知識、交流を増やしていけるとともに、人間としても成長ができる。

 是非思い切って海外に出かけてみていただきたい。

 私は大学2年のときに初めて海外へ旅行に行った。場所はアメリカのニューヨーク。それまではスポーツや勉強に励み、興味は大いに持っていたが海外なんて行ったことがなかった。お金もかかるしパスポートも取らないといけない。言葉も通じないし、文化も全く違う。周りはアメリカ人ばかりだし、怖い。こういった印象は少なからず持っていた。しかし、思い切ってパスポートを取得し、航空券を購入し、「地球の歩き方」を手に旅に行くことを決めた。

 実際これが私の人生を大きく変える原点となった。

 約2週間アメリカに滞在し、タクシーでぼったくられたり、治安の悪い場所で少し怖い思いもした。しかし、日本に帰国したあと、あの刺激的な経験をもっとしたい。もっといろんなところに行きたい。そう強く感じることとなった。

 それ以降、私は約2年間で35カ国を訪れた。アジア、ヨーロッパ、中東、アメリカ、アフリカ。どこを取っても文化や言語、日本人に対する態度などの違いを感じることができた。

 

 私のしていた旅のスタイルは、バックパッカーと言われるスタイルだ。

 バックパッカーというのは、1990年代くらいに航空券の値下がり等で流行したと言われているが、現在は少ないように感じる。自分自身の経験上、もっともっと世界に旅に出る人が増えてもいいと思っている。

 とにかく、一歩踏み出す勇気を持って、海外に行ってみよう。そこから新しい自分が見つかるかもしれない。今までとは違った環境に身を置いてみよう。必ず成長させてくれる。

 

 

 〜筆者の経歴〜

 愛知県名古屋市生まれ

 名古屋市内の高校を卒業後、早稲田大学へ入学。

 在学中には、アメリカ、韓国、台湾、中国、香港、マカオ、ベトナムカンボジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールインドネシア、ネパール、インド、アラブ首長国連邦オマーンバーレーンカタール、トルコ、ブルガリアセルビアハンガリーオーストリアチェコポーランド、イタリア、バチカン市国、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、イギリス、スペイン、モロッコの計35カ国を訪れた。

 卒業後は、大手私鉄に入社し、現在に至る。