Viva La Trip 〜世界を旅しよう〜

国内外問わず旅行についての様々な情報を提供します。筆者は、現在社会人3年目となり、大学生時代には世界35カ国を旅してきました。現在では、アジアを中心に週末を利用して旅行をしています。是非活用してください!

スウェーデン首都ストックホルムでテロ発生か

 f:id:kentarosu:20170405144255p:plain

 

 本日、スウェーデンの首都ストックホルムの中心街で百貨店にトラックが突っ込む事件が発生した。

www.jiji.com

 実行犯とされる2名は逮捕されたが、これはテロだったのかという点は非常に興味深い。容疑者が逮捕されたということで、テロの可能性が高いだろう。

 旅に出よう!と思っている人にとったら、海外のテロ情報などは極めて重要なものとなってくる。これから行こうと思っている国は果たして本当に安全なのか。治安の問題は旅をする上で極めて重要な指標だ。基本的には危険なゾーンには入らないのが掟だ。

 現在の海外情勢を俯瞰してみると、パリ、ベルギー、トルコ、ロンドン、スウェーデンなど、欧州の国々でテロが多発している。こういった状況に加えて、今年は欧州の各国で大統領選や議会選などが控えている。海外情勢は非常に不透明であり不安定な時期に突入していると言える。また、アメリカにおいてもトランプ大統領の横暴とも言える政策に日本を筆頭に右往左往している状況である。

 世界情勢が不安定だからこそ、何かがあればその国の通貨が下落してしまう可能性は大きい。基本的にはリスク回避の円買いが入ることが想定されることとなる。今年は年末にかけて日本円の高騰を示唆している専門家も多数存在する。

 円高になると日本経済は大打撃を被ることとなるが、日本人は海外へ出かけやすくなる。為替レートは相対的な需給関係で決まるため、円買いが集中すれば安全な国の通貨に対しても円高になる可能性は高いと言える。

 海外は危険だから行かないではなく、この機会に世界に目と足を向けてみるのも悪くないと思っている。